2004.10.25

デリコ初ライブ

04-10-22_21-37.jpg

金曜日はライブに行ってきた。
LOVE PSYCHEDELICO in Zepp Fukuoka。
デリコは、デビュー当時注目していて3年前のアルバム「THE GREATEST HITS」はかなりのヘビーローテーションだった。その頃は確かBe-1に来たのかなぁ…チケットが全然とれなかったのであきらめたっけ…
そんな感じで実はちょっと1番ハマっていた時期は終わってしまっていたが、CDは毎回聴いていたしチケットもとれたので。初ライブ!どんな感じなのかな〜、と楽しみだった。

Zeppは会社の近所なので終業後、徒歩で向かう。例によって相方は車で生着替え。
客層は20代後半から30代といった感じ。女の子の方がちょっと多いって感じだったかな。外人さんの姿も目につく。ネイティブな発音だから外人さんのファンも多いんだろうな。でも私たちの前にはなぜか小学生の女の子。どうもお父さんと一緒に来ているようだった。10才くらいかな〜。デリコのライブに小学生。かなり目立ってたよ。

ライブは、さすがといった感じでサウンドがカッコよかった。ギターのリフに惚れたようなもんだったもんなぁ。KUMIちゃんはおしゃべりはちょっと苦手みたいで、MCは少なかった。新鮮だなぁ。私の行くライブってしゃべり倒して笑い疲れるようなのばっかりだから。オリジナルメンバーは2人だけで他はサポートだからか、アンコール時や終わったときみんな握手してて「外人みたいだなぁ…」と思ってしまった。そんなバンドあんまり見に行かないからねぇ(笑)
よく考えたら女性アーチストも見に行くことが少ないので、そういう意味でも新鮮だった。
カッコよかったし、面白かった。アンコールもいっぱいやってくれたし。ちょっとメロウな曲が続いたのは残念だったけどね。「ノスタルジック’69」が聴きたかったなー。

また次も行きたいな。

| | Comments (0)

2004.09.15

相棒

昨日行われたチェッカーズのクロベエを送る会、発起人にモクとマサハルは入れてもらえなかったそうだ。
全然知らなかったのだが、モクが闘病自叙伝を出した時の内容で確執が起きたとのこと。そんなことになってたんだなぁ。私は本を読んでいないし実際のところがどうなのかも知らないので無責任なことは言えないのだが、何だか悲しい気持ちになった。
デビュー当時は私もチェッカーズに注目していた(特にクロベエ‥・゚・(つД`)・゚・)。1番チェッカーズが盛り上がっていてみんなめちゃめちゃ楽しそうだった頃だ。その後、私はもう少しマイナーなバンドたちに夢中になり、その頃は代わりというわけではないが妹が夢中だった。
でもそんな不仲説なんて全然知らなかったなぁ。私の中ではずっとデビュー直後のニコニコした楽しそうな7人だ。12年ぶりに集まったのにメンバーが並ぶことはなかったなんて、ファンは悲しいだろうな。

気の合う仲間で始めたとはいえ、長くバンドをやっていると楽しいことばかりではないだろう。モクとフミヤは幼なじみみたいだし、その長さも半端ではない。
そういう意味では私がもう人生の約半分の間愛してやまないバンド「アンジー」も高校時代の友人で組んだバンドなので似たような感じなのかもしれない。
アンジーは同じ高校の先輩後輩(2学年)で結成され、途中2度のメンバーチェンジがあったがそのメンバーもすべて同じ高校の仲間うちだった。本当に仲がいいんだなぁ…と思っていた。
でもやっぱりそれだけ長く居ると、4人でできることの限界もやりたいことの相違もでてくるのだろう、結成12年で解散。ボーカルの水戸さんの歌詞にギターのブーちゃんの曲、アンジーの曲はほとんどがこの2人で作られていた。2人の詩と曲は本当にピッタリだった。

解散してから水戸さんは2つ3つバンドを組んだが、ブーちゃんが曲を書くことはなくなった。そしてブーちゃんはメンバーでただ1人、苦手だった東京を離れて博多に帰ってきていた。私は「もうブーちゃんの書く新曲を聴くことはないんだろうな」「悲しいけど水戸さんとブーちゃんは最終的に合わなかったのだろう」と思っていた。

が、違った。解散後7年経って夢だった再結成が実現したのである。しかもニューアルバムまで。夢にまで見た水戸さんの詩にブーちゃんの曲。これこれ!!!
その後も水戸さんの新しいバンド「水戸華之介&3-10chain」ではブーちゃんの曲が完全復活した。
その中の1曲「青春路地裏伝説」の1節


名前のない路地裏で俺達は出会ったろ
美しくくだらない伝説を作ったさ
他人とは思えない瞬間を忘れるな
さよならは言わねえよ うまくやれ うまやれよ相棒


あとになって聞いたが、この曲は水戸さんがブーちゃんに向かって歌っているんだそうだ。
そう思って聴くとファンにとっては感慨深い。

人生のうちの何年かだけだけど、一緒に笑って泣いてスポットライトを浴びていた時期。その時代は宝物なんだろう。そんな相棒を持てた2人は幸せなんだろうな。
チェッカーズの皆さんもお互いいろいろ言いたいことをぶつけあって和解して欲しいと思う。ずっと絶縁状態なんてファンも天国のクロベエもきっと悲しいよ。

| | Comments (6)

2004.09.11

ジムであたふた

金曜日、相方が遅くなると言うのでまた総合西市民プールへ。
といっても、今日はプール目的ではなくジム。こないだ2回目のプールの時ビート板を使わずにクロールしてみたら、

息が続かなくて死にそうだった

ので、まずは体力作りだろうと判断したのである。
もともと「泳げる」と豪語するほどは泳げないが。少なくとも小学校の頃は25Mくらい泳げていたはずだ。

そもそも私の生まれ故郷は玄界灘に浮かぶ海水浴で有名な島であるにも関わらず、水泳の授業は小学校しかなかった。高校を卒業し、福岡に出ていってからできた友人たちは私のことを「泳げるに決まっている」と思っていたが、大間違いである。海はあっても中学高校とプールはなかった。(「海で水泳の授業があるんやろ?」と言われたこともあるが…いつの時代の人だと思われていたのか)しかも住む場所によっては必ずしも近くに海があるわけではなかった。ちなみに私の実家から1番近い海水浴場までは車で20分くらいだ。
なので、海にたまに遊びに行っても浮き輪でプカプカ浮かんで遊ぶだけだった。たぶん、うちの田舎出身者は泳げない人の方が多いだろうと私は読んでいる。

話が逸れたが、とにかく体力作りが先決と思い金曜はジムに出かけた。260円のチケットを買い、更衣室で着替えて2階のトレーニングルームへ。エアロバイクが4台、ルームランナーがいろんなタイプが6台くらい、あと筋トレマシンが何台か、あとダンベルコーナーとストレッチ用のマットがあり、なかなかの充実度だ。利用者は私を入れて4人くらい?
少ないので自由に何でも使える。これはいいなー。昔行ってたフィットネスはできたばかりだったこともあり、いつも筋トレマシンは列ができていたのである。ここではガラガラ。

トレーニングのお供はipodちゃん。エアロバイクもウォーキングもコレを聴きながらだとらくらく〜。ポケットに入れて黙々とチャリをこいだり歩いたりしていた。そして、ウォーキングで少しスピードをあげていた時のことである。

スピッツの「夜を駆ける」が流れていたのに、いきなり音がしなくなったのである。
な、なんで?!バッテリーはまだあるはず…思わず取り出していろいろといじってみる。画面は少し反応したが音は鳴らず。しかもその後完全に固まってしまった。
しかし歩いている最中だったのでとりあえず目標時間までは歩き終え、ベンチで取り出してさわってみるがまったくダメ。リセットも利かない…バックライトも消えない…てかめちゃめちゃ熱ーくなってきた。ヤバイ?どうしよう…

着替えをしながら相方にメール。「ipodが変になっちゃったよ〜」
購入をしたDEODEOはプールから近かったが、閉店間近な時間だったし保証書も持っていない。そして何よりipodが「クレイジーキャッツ/無責任一代男」を表示したまま固まってしまっていたので修理に持ち込むのはハズカシイ…そんな気持ちもあった。スピッツのままにしときゃ良かったよ…
わたわたしながら、とりあえず相方を迎えに行く。車の充電器に挿してみたが変化ナシ。早く相方に見て欲しかった。そして、仕事を終えた相方に見てもらうと、


アッサリとリセットしやがった…


なんで?さっき何回もやってダメだったのに。相方曰く「充電器から抜いてもう1回やったからじゃない?」と。
ああ、でも良かった、「クレイジーキャッツ」のまま修理に持ち込まずに済んで…

| | Comments (0)

2004.09.06

今朝のBGM

毎朝家から会社までは愛車ツトムで40分強。最近その間のBGMはもちろんipod。聴きたいアーティストやアルバムをセレクトして聴くのが本来の使い方なのかもしれないが、我が家では大抵全曲シャッフルである。
「次は何が出てくるかな~」というワクワク感が好きなのかもしれない。
しかし入っている曲があまりにも広範囲なため、「この曲の次がコレかい!」とツッコミたくなることもしばしば。

そんな私たちの今朝のBGMは以下の通り。

1.Happiness/LOVE PSYCHEDELICO
2.GARLIC MAN/Analers
3.I Will Be With You/LOVE PSYCHEDELICO
4.DREAM ON/The Mods
5.ブランデーグラス/石原裕次郎
6.あんたがいないよる/The Street Sriders
7.長男/山崎まさよし
8.Little Bitch/The Specials
9.ラヴ・ミー・テンダー/RCサクセション
10.愛のしるし/スピッツ
11.エレキでGo!/東京スカパラダイスオーケストラ
12.黄色い犬/中島みゆき

今日のポイントはモッズとスライダーズの間に「ブランデーグラス」が入ってることだろうな‥
なんだか、気分が高校生に戻ったり短大の頃に戻ったりと忙しい。

| | Comments (0)

2004.08.24

クジ引き

今日はシカオちゃんのニューシングル「クライマックス」の発売日。帰り道にあるCD屋さんに寄って帰ろう。セルCDもあるが、レンタルと本屋も一緒になったなかなか便利な店である。
こないだのライブで良かったバンドのレンタルがあったら借りて帰ろうかな。あ!イナズマ戦隊のCDも欲しいな〜。

まずはセルコーナへ。シカオちゃんみっけ。PVでちらりと見ただけだけど、今度の曲はファンク全開っぽかったなぁ。そろそろオーガスタ人気も落ち着いたから好きなようにやらせてもらえてるんかな?(笑)
イナズマ戦隊あるかな〜。お、ちゃんとコーナーがあるやん。どれどれ。

「一風堂 ベスト」

‥違うし。それ、すみれSeptember Loveやし。
売り切れかぁ。人気出てきたんやな?じゃあ、今度天神で探そうっと。
‥と、思い立ってこないだライブで見たフジファブリックを探してみる。あった!シングルだけど。
「陽炎」。こないだ演ってたな、確か‥1000円だし、買ってみようかな。
シカオちゃんとフジファブリックを手にレジへ。

レジを済ませ、袋に入れてくれるお姉ちゃん。‥と、なんか必死に探してる。
とりあえず待ってみる。

‥ずっとなんか必死に探してる。

お姉ちゃん「あ、あの、フジファブリックのクジがあるんですよ!少々お待ち下さい」

‥必死に探し続けるお姉ちゃん。

「あの~、いいですよ?」

お姉ちゃん「いや!あの、じゃあ連絡先を‥」

「いやいや、別にそんな‥」

お姉ちゃん「いやあのお願いします!」

じゃあ、とメモ用紙に名前と携帯番号を書いて渡す。

お姉ちゃん「どうもすみません!見つかったら連絡しますんで!」

「(別にいいのになぁ)あ、しばらくレンタルのところにいると思うんで~」

そしてレンタルコーナに移動し、ipodちゃんに入れるめぼしいCDはないかな~と探す。
結局エレカシのベスト、YO-KINGのアルバム、はっぴいえんど「風街ろまん」をセレクト。
やっぱここCDの品揃え悪いな‥それとも丸ごとレンタルするからいつも品数少なく見えるだけなのかなぁ。
CDコーナをうろうろしていると、さっきのお姉ちゃんが!

私を見て飛び上がった!(笑)

お姉ちゃん「あ~、よかったです!ありました!ありました!」

見ると手にクジの入った箱とノベルティーの山を抱えている。ここまで持ってきてくれたんやねぇ。

お姉ちゃん「1枚どうぞ!」

なぜかCDレンタルコーナのど真ん中でクジ引きをする私‥

お姉ちゃん「あ!おめでとうございます!サイン入りポスターとステッカーが当たりました!」

そしてサイン入りポスターとステッカーをもらい、家路に着いた。なにげなく買ったフジファブリックのシングルにサインまでついて来ちゃったよ!(笑)
でもあのお姉ちゃん必死でかわいかったなぁ。若いバイトの子だったけど、お客さんのために一生懸命で。
イナズマ戦隊も、あそこに注文しようかな。

| | Comments (0)

2004.08.21

HIGHER GROUND 2004

今年もやってきましたHIGHER GROUND!
今年も1日目のみの参戦。2日目もまさよしや清志郎はちょっぴり見たかったけど、他がいまひとつだったんで。
去年と打って変わっていい天気。雨が降らないのはいいけど晴れ過ぎないでね〜。
今年はダメモトで車で行くことに。去年は香椎から電車で行ったんだけどね。ダメだったら少し戻ってそこから電車で行こう。都市高と海の中道大橋を使うとあっという間。便利になったな〜。
駐車場あるかな?とおそるおそる公園方面へ向かうと…

「コンサートのお客さま→」

と書いた看板がいっぱいあるではないか。看板通りに進んで行くと、公園内にライブ客専用の臨時駐車場ができていた。チケットには「駐車場はありません」って書いてあったけど、そう書いても私たちみたいな不届きモノが車で行ったりするから予め準備してあるのね…ゴメンナサイ(汗)でも良かった(笑)

そんなわけで予定より早く着いてしまった。Opening Actは見れなくてもいっかな、と思ってたんだけど…
まあ1発目スピッツだし、せっかく早く着いたから前の方をゲットしておこうとブロックへ。ブロック内のちょうど半分あたりだったかな。

hg2004.JPG

まわりはアーティストTシャツやタオルを持った人でいっぱい。野外ライブは特に、こういう雰囲気が楽しい。普段アーティストTシャツなんて着れないからね。こんな時が着るチャンスなのだ。という私も今日は去年買ったスピッツTシャツ。しかしこうして見渡すと…やっぱり人気なんだなあ氣志團。氣志團Tシャツ、タオル、うちわ、お面(笑)!お面て…そんなグッズあるアーティスト初めて見たわ。あと、YUKIちゃんのタオルやTシャツの子も多い。YUKIちゃんはJAMの頃からだけど、女の子のファンが多いんだな。スピッツファンは…意外と少ない?(笑)てか地味な感じかも。でも今年は氣志團、オレンジレンジ効果か去年より年齢層が下がっている気がした。明らかに小学生とか中学生もいた。去年はBUMP OF CHICKEN以外はファンの年齢層高そうだったからねぇ(笑)

さて、Opiening Actからスタート。まずはセカイイチ。そしてAIR DRIVE。
両方とも大阪出身ということで、元気な感じのバンドだった。AIR DRIVEはちょっとBUMP OF CHICKEN風だったかな。そしてフジファブリック。私は3バンドの中では1番フジファブリックが好きな感じだった。ボーカルの顔、声ともにクセがあるためダメな人はダメだろうがサウンドも歌詞もさらりと入ってきた。キーボードがいるのが良かったのかも。ベースの人も気になる感じだったなぁ。ヒゲとか(笑)MCもおもろかったし。ちょっと注目しとこっと。フジファブリック。

Opening Actも終わっていよいよスピッツ!いえーい!
HIGHER GROUND(以前はROCKだぜ!)は、始まる前に映像を流す。これが結構毎年楽しみだ。ライブの為に作られたシンプルな映像だが、始まる前の緊張をいい具合に高めてくれる。

1年ぶりのスピッツ。草野さんは髪を切ってた。相変わらず童顔だなぁ。そしてみんなちっちゃいなぁ(笑)。
「こんなに明るいうちにやるのは久しぶりでクラクラしてます。今日のメンバーの中では年長者なんで…」のMC。
そうだよねぇ。若く見えるけどみんなもう37なんだよねぇ。

今日のセットリストはこんな感じ。

1.メモリーズ・カスタム
2.涙がキラリ☆
3.悲しみの果て(エレファントカシマシ)
4.俺のすべて
5.愛のことば
6.ハヤテ
7.スターゲイザー
8.日曜日
9.8823
10.夢追い虫
11.空も飛べるはず

結構意外な選曲だった。この曲が!!って感じだったな。
シングル曲が多かったり、カバーがあったりするのはイベントならではだろう。
5曲めは、ライブで聴いたことがなかったので嬉しかった。いい歌だなぁ。
去年は8曲だったけど、今年は曲数が多くて嬉しかった。選曲は去年の方が好みだったんだけどね。三日月ロックが好きだからか?でも初期のアルバム曲なんかは貴重な感じで嬉しかったな。「夏の魔物」がなかったのは残念だけど(笑)←私のイチオシ

スピッツが終わったら、あとはマターリ。後ろに移動して立ったり座ったり好きなように見ることにした。
GOING UNDER GROUNDは、あんまり聴き込んでなかったんだけど「グラフティー」「ハートビート」「トワイライト」と、私も知ってる曲をやってくれたんで楽しめた。ボーカルの素生さんは、ロマンチックなMCをする人だった。あんな感じでMCをやられると、オチを期待してしまうのがいかんよね。

次はオレンジレンジ。うわぁ〜、若いなあ。そしてお客さんもノリノリ(死語)!!今一番売れてるもんね、今日のメンツの中で。まったく興味がなかったけど、「ロコローション」「上海ハニー」と私でも知ってる曲をたてつづけにやってくれた時は立ち上がって見た。ラップの人たちって、衣装もカラフルで動きも派手で華やかでいいよね。今日みたいなメンツだと、いいエッセンスかも。結構楽しかったよ。若いパワー!って感じでかわいかった。

次はイナズマ戦隊。去年は前座だったんだよねぇ。カッパを買う列に並びながら見たなぁ。出世したね!
イナズマ戦隊は、曲も結構好きだけどなんてったってMCが楽しい。大阪〜って感じ。

「オマエラ、こんな夕方に俺らがやっとるんでビックリしとるやろ!キョードー西日本がどんだけ俺らに期待してるかがわかるやろ!」
「去年は前座で出たけど、今年は、あの、メイン!あの、メイン!あの、メイン!(わかったちゅーの)」
「もう言ってまうわ!来年も出るから!」

いい曲多いし、ちゃんと買って聴いてみようかな。レンタルに並ぶの待ってたけど(笑)なかなか入らないんだよねぇ。西新ベストならあるかもしれないなぁ。

ここでのセットチェンジはちょっと時間がかかっていた。ビニールをかぶせたりしてたなぁ。雨は降らなそうだけど…
夜露防止?何故かセットチェンジの間でかかっていたのがパティ・スミスの「EASTER」だったので相方と二人で歌いながら待つ(笑)「Because the night」はいい曲だなぁ。

次はYUKIちゃん。紅一点で雰囲気が変わる。女の子は衣装も楽しみだよね。
おお!真っ赤なドレス。…と思ったら、後ろは大きく開いてる(笑)下はジーンズなんだ。オモシローイ。でも前から見たらドレスにしか見えないんだよ。どう表現したらいいのか。
「end of shite」で始まった。かわいいなぁ。声がなんていうか独特だよね。どこから出てるんだろう…
新曲「home sweet home」はいい曲だ。ちょっと切ない感じ。YUKIちゃんの声にピッタリだった。
最後は「ハミングバード」鳥が飛んでいて、歌とマッチしていて良かった。こういうのがいいよね、野外は。

最後は氣志團。やっぱり1番人気なのかなぁ。みんな張り切ってる。今年メッセやるみたいだもんね、スゴイなぁ。
ちなみにお面は「氣志團ちゃん奇面お面」というらしい(笑)うちわもみんな持ってた。そっちは「氣志團ちゃん左うちわ」というらしい。片面にアップの本気顔で、もう片面は「翔やん」とか「ひかるちゃん」とか「らんま」とか書いてて笑かす。Tシャツもいろんな種類があったし、グッズ売り上げスゴイんだろうなぁ。
氣志團は実は2回目。2年前(だっけ?)メッセでやった「ROCKだぜ!」イベントに民生を見にいった時に出演していた。あの時はやたらいいブロックがとれたので、すごい近くで見てしまった。終始笑いっぱなしだったな。
あの当時からまったくスタイルは変わっていない。「BE MY BABY」で登場。変わってないなぁ(笑)
新しい曲はあんまり知らないんだけど、MCが面白いから十分楽しめる。踊りもスゴイ。やっぱエンターテナーだな、この人たちは。
「One Night Carnival」はやっぱり名曲だ。コレは私も毎回楽しい。でも今回は車だし、駐車場からなかなか出れない…という事態を避けるため、終わったらアンコール前に車に向かう。ごめんね翔やん。

車に向かう途中でカウントダウンが聞こえて大きな花火が上がった。そか、コレがあるんだった。でも花火はどこからでも見えて、帰りの道を急いでいる人たちも足を止めて見入っている。結構豪華なんだよね、コレ。毎年ありがとうキョードーさん。今年1番近くで見れたよ。

早めに出たのもあったが、帰り道は意外とスムーズで1時間後には家に着いていた。22時前に帰れるなんてねぇ。ビバ海の中道大橋。

去年みたいな雨の伝説はないが、楽しいイベントだった。来年もよろしくね、キョードーさん。

| | Comments (6931)

2004.08.19

HG2004タイムテーブル

2日後に迫ったHG(HIGHER GROUND)2004。今年は台風一過で予報は晴れときどき曇り。
昨年の学習でカッパを事前に買っておこうかと思っていたがその必要はなさそうだ。あんまりどピーカンでもキツイんだけどね‥

チケット来たきり(今回はB-2)で全然WEBサイトもチェックしてなかったんで、アンオフィシャルオフィシャルともにチェック。そしたらタイムテーブルが発表になってる!

‥‥‥

スピッツが1番手で氣志團がトリ??
他は予想通りの順番だったが、その2つだけは自分の予測では逆だった。スピッツ、最後じゃないんや‥
なんか思い描いてたライブと違ってきちゃったなー。最後がスピッツだと思ったからこそ最後まで!って思ってたんだけど。いや、氣志團も見たかったんだけどね。疲れたら帰っちゃうかも(汗)

| | Comments (3)

2004.08.16

CKB初ライブ

日曜はライブ。(なんだか毎週のように行ってる?)
今回はCKB(クレイジーカオルバンド、じゃなくてクレイジーケンバンド)in福岡メルパルクホール。
客層が面白かった。まさに老若男女、子供からおっちゃんまでといった感じである。おっちゃんはきっとクールス時代からの剣さんのファンなんだろうなぁ。そしてみんなヨコハマ・ヨコスカ風のファッション。オリジナルTシャツの人が多かったけど、ボウリングシャツとかアロハの人も結構いたなぁ。季節的にスカジャンの人はあんまり見なかったけど。ちっちゃい子供もCKBTシャツ着てかわいかった。そして結構ライブ中もノリノリだった(笑)お父さんお母さんと一緒に聴いてるんだろうな。
ステージは大人のライブ!って感じだった。セットも最近行ったライブと比べて豪華!五重の塔とかある。
そして途中でキャロルやクールスの歌を歌ったりするのが面白い。「ファンキー・モンキ・ベイビー」なんて久しぶり聴いたな~。更におかしかったのが質問コーナーとかある。ホールなのに。質問コーナーのあるライブなんて久しぶり?初めて?かも。実は不届きモノで、最新アルバムを聴かずにライブに臨んだのだが、充分楽しめた。剣さんの声いいなぁ。ハッキリ聴き取れるし。「香港グランプリ」「長者町ブルース」カッコよかった!

一緒に行ったサバイバーHから長崎みやげを貰う。
hanabi.JPG
おどり子ピーコも気になるが、もう1コの花火は最後五重の塔のようになる仕掛けらしい。楽しみだな~。そして夏の締めくくりはやっぱ線香花火だよね?(寂しい??)

| | Comments (0)

2004.08.15

一夜明けて

朝から携帯が鳴り、起こされる。
「福山通運でーす!今から配送行きますがいらっしゃいますか?」
そっか、Apple storeからカーキットが届くんだった。しかし、ipodはないのだ。さみしい。
10分後カーキットが無事届き接続したい欲にかられるが、ipodないと無用の長物…ちぇー。

でもまだ諦めてはいなかった。今日は私たちのお気に入り(笑)DEODEOやヤマダ電機に行ってみよう。天神にはなくても田舎ならあるかも…
DEODEOに到着し、探してみる。あ!あった…「品切れ中です」…やっぱりか。
DEODEO破れたり!どうするかなぁ。Apple storeに注文してみるかなー。
仕方がないから他の売り場をうろうろしていたが、相方は相変わらずipod売り場にいる。まだ諦めてないんかい。
店員さんと何やら話してる。アレ?注文するのかな?

Continue reading "一夜明けて"

| | Comments (2)

2004.07.24

水戸ちゃんライブそしてDVD

昨日は水戸ちゃんのライブ第2弾。天神のライブハウスCBで「俺たちの愛ランド」というイベント。今回は仕事が最近立て込んでいるし相方もたぶん出張だと言っていたので半ば諦めていたのだが、相方の出張もなくなり仕事もなんとかなりそうだったので逃げるように帰った(汗)置いて帰った皆さんすみません…
今日は3-10chain以外にもdaddy's農場の農場主さん率いる無礼男達(ブレーメン)、羅門兄弟と楽しみなバンドばかり。特に羅門兄弟は初来福。楽しみ〜! 萩でも会った友人たちに挨拶しつつ、開演を待つ。結構お客さん入ってるな。

ライブスタート!まずは羅門兄弟から始まった。生き返った、思ったより背の低いジョーイと思ったより頭がボウボウのディーディー(爆) 1曲目は「Teenage Lobotomy」。私は本物のRAMONESも結局見ることができなかったし、ラモッツも見たことがなかったから初めてのラモーンズライブって感じ。「Pinhead」も「Rock'nRoll HighSchool」も聴けて嬉しい。もちろん「電撃バップ」もね。「KKK」と「Rock'nRoll Radio」がなかったのはちょっと寂しかったけど。「Endress Vacation」では内田さん…じゃない、ディーディーがはじけてて楽しかった。

次は無礼男達。2年前のJuke Record 25周年イベント以来2回目のライブだ。水崎さんはスーツ姿で登場(つっても皮の短いパンツだったけど)。今回はCD発売も兼ねてるようで、曲もいっぱい増えてる。全10曲、楽しかった。なんか、無礼男達は懐かしい何かを思い出す。同じ世代を生きてきたんだな〜っていう感じ。
今回買い損ねたけど、今度お店に行った時にCDを買わせてもらおう。

最後はもちろん3-10chain。だいたいは萩と似た感じだったが、「D.K.H」の♪ざわわ ざわわ が、パワーアップして沖縄バージョンになっていた(笑)「バースト&ワースト」「クレヨンロケット」のメドレーではやっぱり弾けてしまう。だって楽しいんだも〜ん。しかし3-10chainメンバーホント元気だなぁ。羅門兄弟やって、3-10chainでまたジャンプして。みんな40過ぎてんのに…
終わった後、また水戸ちゃんが自ら物販。
ライブ中にDVDの告知をして、拍手を受けると

「おまえら、今控えめに拍手しただろう!買わなきゃいかんと思って。俺が自ら売りに出るから、逃げるなよ!」
「買わずに帰ろうとした奴は携帯で写真を撮って公開してやる!」とか言ってたくせに、アンコールの最後で

「今日はやり遂げた!達成したって思いでいっぱいです!」と言った後

「あ、、この後売るのか…」とうなだれてたのが可笑しかった(笑)

DVDがいち早く買えるのも今日なんとかしてライブに行きたかった理由の1つでもあった。無事ゲットできて安心。

ライブハウスを出て、haranatsuさんと3人でゴハンを食べて帰った。久しぶりに昔のアンジーの話ができて楽しい時間が過ごせた。ありがとうharanatsuさん。

Continue reading "水戸ちゃんライブそしてDVD"

| | Comments (0)