2004.08.08

思い出の映画

そして日曜日。昼まで寝てしまい、のそのそと起きる。
昨日の残りのシチューを食べながら、今日は何しよっか〜?
そして食後のコーヒーを飲みながら「今日ダイエー戦やってるっけ?」とテレビをつけるが、民放は全滅。では、とスカパーで探してみる。やってないね〜(てか実はナイターだったんだけどね)。
…と、なんだか懐かしい映画をやってる!この後どうしよっか?と言ってたのも忘れついつい2人して見入ってしまった。

Continue reading "思い出の映画"

| | Comments (0)

2004.07.06

火消し屋小町

07103644.jpg

NHKでドラマ化するらしい。
タイトルは時代劇風だが、現代のお話でコメディータッチでの女消防士奮闘記といった感じ。

作者の逢坂みえこ氏は、学生の頃から名前は知っていたが読む機会に恵まれなかった。相方と一緒に住んでから奴の蔵書「永遠の野原」を読んでハマった。
なんてことない話をコメディタッチでさらりと描く。でも後に残るあたたかい感じ。そして犬を描かせたらピカイチだ。

最近少女マンガの映画化・ドラマ化多いね。
矢沢あいの「下弦の月」は映画化。でも話のメインとなる小学生4人組は中学生になってた。しかも2人。絵的に小学生じゃ難しいのかな。あれは小学生だからいいのに。そしてアダムはHYDEかい!う〜ん、顔がキレイなのは認めるけど、背が…足りん気が…。

はっ。「火消し屋小町」に戻してっと。
ドラマではヒロインの夏子役は池脇千鶴ちゃん。好きだけど、夏子役はどうなんだろ?かわいすぎやしないか?
ベッキーも出るんだね。相原こずえ役か。なんだか逆の役の方が合ってる気がするけど…ベッキーはまだ主役の器じゃないからかな?
結構いろんな人が出てて楽しい。来週月曜日スタートだから、見てみよっと。

| | Comments (0)

2004.03.29

木更津キャッツアイ制覇

本編をとびとびでしか見ていなかったので、まとめて見ようと思っていた「木更津キャッツアイ」。
レンタル中が多くなかなかgetできなかったが、映画人気も落ち着いたのかやっと最後まで見ることができた。
いやあ面白かった。以前と違ってグループ魂を聴いたりクドカンの本を読んだりしているので、小さなネタがわかって更に面白い。このドラマの鍵はなんといってもウッチーとお父さんだろう。岡田くんがあんなにいいキャラだって今回初めて知った気がする…小日向父さんの公平モノマネもいい味出してたし。
うっちー一家が英語でしゃべってたのもおかしかったなー。しかもいっけいだし。いっけい、ゴリエにも出演するしなんかいろいろやってるなあ。
クドカンドラマはゲスト出演者も楽しみの1つだ。IWGPも村杉蝉之介氏(バイトくん)や、洋七、洋八、クレイジーケンバンドなど楽しいゲストがめじろ押しだった。
木更津も然りで哀川翔、スチャダラパー、ピエール瀧、YOUなどツボをついたゲストが出るたびにオオ!って感じで楽しかった。日本シリーズがDVDになるのは4月下旬。早く見たいなあ。

| | Comments (2)

2004.03.22

maybe…

キムタクと竹内結子ちゃんの「プライド」。
久々の野島伸司だし、竹内結子ちゃん好きだし見てみよっかな〜と思って初めは見ていた。…が、あまりのクサさに見ていて恥ずかしくなり、たまたま見れなかった週もあってか3〜4回で見なくなってしまっていた。キムタクの演技が何をやってもキムタクにしか見えない、とかはもうわかってることだから却って気にはならないんだけど、あの台詞まわしや伏線の引き方とかがどうもダメで。

先々週、たまたまつけたらやっていたのでゴハン食べながら流していた。序盤を見ていたので途中抜けていてもなんとなくストーリーはわかる。あー、結子ちゃんの彼氏帰って来たんだ…てか、谷原章介くんだったのね。坂口くんはなんで怪我してるんだろ?
最後から3回目だし、そろそろクライマックスといった感じで結構先が気になる終わり方をし、そのまま今日の最終回まで結局見てしまった。

…うーん。

やっぱ恥ずかしい…

だいたいスポ根ものっていうのは基本的にクサいものなのかもしれないけど、そーいうのとは違う恥ずかしさがこのドラマにはあった。
キムタクの台詞がいちいち恥ずかしいし、お約束通りのこと言ってくれるし…たまには裏切ってくれよ(笑)
最後の遊園地のシーンなんか、直視できないくらい恥ずかしかった。あたしたちだけか?

野島伸司って、こんなんだっけ?
101回目のプロポーズとかも確かにクサかったのかもしれないけど、時代的に許せるものがあった気がする。あれはどっちかっていうと江口洋介と田中律っちゃんカップルの方を楽しみに見てたような気もするけど…
私はどっちかっていうととことん重い「未成年」とか「リップスティック」みたいなドラマの方が好きだなぁ。今回は久しぶりの野島ドラマでちょっと期待しただけに肩すかしをくらった感じだ。
まあ、違った意味で笑わせてもらったけどね(笑)

| | Comments (4)

2004.02.03

懐かしドラマ

今日会社で同僚と話していてひょんなことから、
「ミッキーっておったよね〜」と言ったのだが
「ミッキー?誰それ」
「え、ちっちゃい男の子よ。『やめてくれRock'nRoll』の…」
「しらーーん」
え〜〜??ガーーーーン。

ミッキーというのはミッキー岡野ともいい、ドラマ「刑事ヨロシク」のキャストの一人だ。
確か放映していたのは1982年の夏くらい?
最初は裏番組の「陽当たり良好!」を見ていたのだが(竹本孝之・伊藤さやか主演)、3〜4週めにたまたま「刑事ヨロシク」を見たらあまりの面白さにあっという間にハマってしまった。
キャストはたけちゃん、岸本加世子、梅宮辰夫、秋野暢子、安岡力也、藤田弓子、川上麻衣子等。
久世さんの演出で脚本は高田文夫が書いた週もあったらしい。
ドラマとエンタテイメントの融合のような感じで、毎週スゴク楽しみだった。その前にあってた「茜さんのお弁当」くらい楽しみだった。
ミッキーや他の不良と呼ばれる人たちが集まる「ママリンゴ」(秋野暢子はここのママ。安岡力也は用心棒)のシーンが大好きだった。ミッキーは16歳くらいだったが、小さいので「ジャンボ」と呼ばれる仲間の肩の乗ったりしていたような…w
たけちゃんが刑事を務める刑事課(少年課だったか?)の課長が梅宮辰夫だった。ケーシー高峰もいた。そして忘れちゃいけないのがお茶汲みの「ツヤ」ちゃんこと戸川純ちゃん。毎週出前持ちとしてやってくる松尾判内と二人で「もう死にましょう…」と泣くところも名物シーンで毎週の楽しみの一つだった。
そしてたけちゃんが下宿していた家のお母さんが藤田弓子で、おばあちゃんが菅井きん、娘が川上麻衣子だった。
印象的なシーンは藤田弓子が「ヤーッホーッホートランランラン♪」と歌いながら野菜を刻むシーンwだんだん速くなるのがえらい可笑しかった。なんでここだけ鮮明に覚えてるんだろうw
主題歌はナイロンズの「ライオンは寝ている」のカバー曲「ライオンは起きている」。タイトルバックではこの曲に合わせてたけちゃんと岸本加世子、ミッキーたちがツイストを踊っていた。この曲を聴くとあの頃が蘇ってくるなあ。。
実は何を隠そう私はミッキーのファンになり、シングルを2枚くらい持っているw
「やめてくれRock'nRoll」と「ミッキーのミッドナイトツイスト」だったかな。でも歌は良く覚えてないw
「やめてくれ…」は最初に「あどくな〜!」と叫ぶのだが、「あどくな」って何だ。方言?
ああ、「刑事ヨロシク」がスカパーでやるって言ってたなー。でも、加入してないチャンネルで鬱。
その月だけ加入するか??w

| | Comments (9)

2004.01.15

今クールのドラマ

は、毎日大忙しだった前クールとうってかわってたったの3本となった。
前回はなんと、
月「ビギナー」「ライオン先生」
火「あなたの隣に誰かいる」
水「共犯者」(でも水10!も見たいのでこっちはビデオ。トリビアも見るので大忙し)
木「トリック」「マンハッタンラブストーリー」(最初は「白い巨塔」だった)
金「ヤンキー母校へ帰る」(途中で見なくなった)
日「末っ子長男姉3人」(見たり見なかったり)
こんな感じで休息日が土曜しかなかった。ビデオもフル回転だった。
うちは一昨年の年末にDVD&HDDレコーダを購入したのだが、かなり役立っている。
特に私のようなドラマ好きの音楽好きはビデオが何本あっても足りず、かさばってしかたがない。
突発的に録画したい時にテープを探す必要がなく、一瞬にして消去できるのだ。カッコイイ〜。
もうコレなしでは生活できなくなってしまった…

さて、今クールはというと、月9の「プライド」、木の「白い巨塔」(返り咲き)、日の「新撰組!」の3本だ。
「白い巨塔」は、ワールドカップで2回ほど録り逃し、「マンハッタン…」にハマったとき「暗いから見るのやーめた」と思ったのだが、正月の再放送を見返してまんまと再びハマってしまった。
今クールもダウンタウンDXが見れないのか…

| | Comments (0)