« TOKIO通信 | Main | 荒ぶる日本の魂たち »

2004.06.26

おかまちゃん

1月の小春の避妊手術から半年。そろそろ弥七も去勢しなきゃね、と話していた。
小春同様、うちのマンションは規定で避妊・去勢が義務づけられている。とはいえ男の子にはヒートもないし、去勢で防げる病気も女の子に比べたら全然少ない。マーキングの防止にはなるというが、人間の都合ばかりで本来あるべき機能を取り除くのは抵抗もあった。しかし、現実問題として考えればしかたのないことなんだろう。
小春の時同様金曜の朝連れて行って土曜の朝迎えに行くようにした。連れて行くと、奥さんがさりげなーく優しーく弥七を奥へ連れて行き、後はお迎えに行くだけ。がんばれ〜弥七!
小春は久しぶりの1人のお留守番に不思議そうな顔をしていた。監視画像もなんか途中で止まってしまったんでちゃんと見れなかったが、出張先の相方が見た時はドアの方を見つめていたらしい。1人でのお留守番でのびのびするかな?とも思っていたが、やっぱり寂しかったのかな。
帰ると、あまりゴハンに手をつけていないしいつもはグチャグチャのトイレシーツもあまり荒らされてなかった。やっぱりいつもと違うから落ち着かなかったんだね。でも、夜遅く相方が出張から戻るとちょっと安心したような感じ。そして、何となくいつもより小春が甘えて来るような気がした。いつもはやっぱりお姉ちゃんだからガマンしてるのかな?
次の日、弥七を迎えに行く。さて、どうかな?ぐったりしてるのかな…
先生が連れて来てくれた弥七は、まずいきなり診察台の上でうれション。えええ!弥七がうれションなんて初めて!そか、私たちとも小春とも離れた夜は初めてだったんだよね。
でも尻尾フリフリ!いつもの弥七だった。
先生が説明とともに傷を見せてくれる。うわぁ〜痛々しい…どんな痛みなのかよくわかんないけど(^^;
先生曰く、2〜3日はなるべく安静。本格的なお散歩もその後とのこと。
さあ、帰ろうか!やっと2人+2匹揃ったね!

弥七は傷が痛いだろうし、ゆっくり寝といて〜っておい!もう2匹で暴れてるし!
まわりの体験談や小春の時を思い出しても当日は痛そうだったし、おしっこのタイミングもわからずちょっと失敗することもあった。しかし弥七は…

ソファーに飛び乗る。

飛び下りる。

ご褒美欲しさにこっちを見つめながらおしっこ。

小春がおしっこしただけでご褒美に便乗。

イヤイヤイヤ。なんもいつもと変わらんやんアンタ。
小春はソファに乗れても降りれなくなってたけどなぁ。男の子と女の子じゃ痛みは違うんだろうけどこんなに!?
いやあ、弥七はほんと普段通りで術後ということをつい忘れそうになる。いいのかこれで。

040627.JPG
暴れる犬たち。

|

« TOKIO通信 | Main | 荒ぶる日本の魂たち »

Comments

とうとう弥七もおかまになったのね~
うちのダンナが「玉なくなるってどんな気持ちやろ・・・」
と真剣に悲しんでおられました。
でも、弥七元気すぎてそんな心配も要らなかったね~

Posted by: ならんこ | 2004.06.28 at 09:32 AM

弥七の気持ち的には何か変わったんだろうかね?
どうみても手術前と全然変わらないんで、おかまちゃんの実感がないんだよね~。
少しは落ち着くかと思ったんだけどねぇ(笑)

Posted by: masami | 2004.06.29 at 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« TOKIO通信 | Main | 荒ぶる日本の魂たち »