« ワイン到着! | Main | Greengooプチ祭り »

2004.05.15

いくえみ綾のこと

tennen.jpg

蜻蛉さんちで、いくえみ綾(りょう)のマンガ「I LOVE HER」について触れていて嬉しくなったので、書いてみようと思う。

いくえみ綾は、今となっては大御所なんだろうな。くらもちふさこや一条ゆかりも現役でバリバリ描いているから、そこまでは届かないけれど、少なくともデビューして20年は軽く越えるだろう。
中学のとき、いくえみ綾のマンガを読んでカルチャーショックを受けた。それまで「不良」系のマンガとして故・多田かおるや、茶木ひろみなどが別マに君臨(?)していたが、初期のいくえみ綾は雰囲気が限りなく「現場」に近いリアルなツッパリを描いていたのだ。男の子は短ランにボンタン(死語)、つぶしたカバンにテーピング。部屋に貼ってるポスターまで細かくこだわっているのがすごく新鮮だった。なんていうか、流行にすごく敏感で髪型、洋服、小物ひとつまで自分のオシャレの参考にさせてもらっていたような気もする。

ロック好きで、キャラの男の子が常にその当時ハマっているアーチストに似ていたの面白かった。清志郎・みちろう、近年では民生似のキャラがしょっちゅう出てきていたのがかなり笑えた。しかも民生に合わせて髪型も変わったりして(笑)ちなみにmanaさんが勧めている「I LOVE HER」の先生も民生似キャラだったな。

昔はツッパリ系の男の子と、どんくさくて泣き虫な女の子という少女マンガにありがちな設定が多かったが、結構それも好きだったな。それから、ロック系のマンガが続いた頃があった。その頃が1番好きだったかもしれないなー。「スターダスト3年め」「以心伝心のお月さん」「うたうたいのテーマ」「天然バナナ工場」など。
そのあと、ちょっとひねくれた女の子がまわりを振り回すマンガが続いた、この頃は暗い感じで私的にはイマイチだったかも…そして、manaさんもオススメの「I LOVE HER」。これはやっぱり名作でしょう。先生と生徒物には昔から弱いんだよね。くらもちふさこ「海の天辺」とか、最近では河原和音「先生!」とか。はじめは生徒を突き放してる先生がオチる瞬間!そこがたまらなく良いです。ハイ。「I LOVE HER」の花ちゃんは「キライ」という人も多いけれど、私は素直でかわいくて好きだったよ。先生のキャラも良いし。
最近は、なぜか幽霊、SFなど不思議ものが多い。でも最新作「かの人や、月」のようなホームドラマを面白可笑しくちょっとシビアに描いているものも好きだ。

なんか語り出すと止まらないなー(汗)なんと、昔いくえみ綾はファンクラブ(公認)が存在していた。しかも、その募集広告は何故かマンガ雑誌ではなく、「Rockin' on」に掲載されていたのが笑える。私は当時貧乏女子高生だったので、立ち読みしていてその募集広告を見つけ住所を暗記して帰った覚えがある(笑)毎月コピーで10ページくらいの会報が発行され、本人のメッセージも掲載されるのである。なんかマンガのネタより音楽のネタの方が多いような変な会報だった。途中管理人が交代したが、2〜3年は続いたのではなかっただろうか。クリスマスにはいくえみ綾の描いたクリスマスカードが届いたことも。だんだんみんないい大人になっていって、管理する人がいなくなったのかいつの間にかなくなったが、そこを通じて知り合い、未だに交流のある友人もいる。

てか、何がスゴイって今でもいくえみ綾は別マで描き続けていることだろう。当時から描いていた他の漫画家は、引退したかレディース系の雑誌に移っている。今でも高校生ものが描けるのはスゴイことだと思う。いつまでも若い気持ちを忘れないんだろうな。先日姪(中1)が遊びに来たときにうちの本棚からいくえみ綾のマンガを持って来て「いくえみ綾けっこう好きっちゃんねー」と言っていた。20年経った今もティーンに愛されているマンガ家、恐るべし。

|

« ワイン到着! | Main | Greengooプチ祭り »

Comments

こんにちは〜。クールなデザインになりましたね。
いくえみ綾は私と同い年で同じ北海道出身ということもあって
マンガを描いたりするのが好きだった私にとって
何かと気になる存在でした。
別ママンガスクールで賞をとって掲載されたときは
たぶん中学1年だったと思いますが
本当にものすごくうまくて感心したものです。
4半世紀超えてますな!
そのころは画風がくらもちふさこに似ていて
「既成作家のイメージがある」と批評されていたと思いますが
後に登場したときに絵柄がガラッと変わっていたので
驚いてしまいました。
調べたことはないんですがペンネームの「いくえみ綾」は
くらもちふさこのマンガのキャラクター名を組み合わせたものですよね?
本当に好きだったんだろうなぁと思います。
私は80年代後半で別マ読むのやめちゃったんですが
いくえみ綾のキャラクターは男の子のほうが
女の子より圧倒的に好きでした。
何かこう深いとこまで描けてるかんじがして。
リアルに高校生が描けてて「あー、わかるわかる」ってかんじ。
髪形やスカートの丈やインディーズバンドの名前その他諸々、
その世代じゃないとわからないことをいっぱい表現して
共感させてくれました。
同世代のたかやなぎさや、宮川匡代にくらべると
全然構成力も勝ってると思ってました。
それにしても今でも別マ現役でお描きとはすごいですね。
10代に向けて支持されるマンガを描き続けるのは
並み大抵じゃないと思います。
大人に向けたものも描ける人だと思うけど
ずっと別マで頑張ってほしいですね。
長くなっちゃったぁ。

Posted by: 110 | 2004.05.19 at 11:24 PM

110さんこんばんは!
なが〜いコメントありがとうございます。いくえみ綾のデビュー作、「マギー」ですね。アレだけすごいシリアスですよね。確かにくらもちふさこっぽいかも…
「いくえみ」そうそう!確かにくらもちさんのキャラです。ご自分でそう言ってました。「いく」(郁?)は思い出せないけど、「笑」は「白いアイドル」のキャラですね。くらもちさんのは「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」「東京のカサノバ」が好きだったなー。
110さんはいくえみ綾の男の子、どの子が好きでした?私は…やっぱりハルかなあ。「街と人のロマンス」の将太くんも好きでした。(こんなこと書いて皆さんにわかるのか?)私はいくえみさん(&110さん)はすこーし下だから、共感というより憧れでしたね。高校生になったらこんなコトしたい!とか。
たかやなぎさ、懐かしいですねぇ。彼女も北海道でしたよね。いくえみさんと仲が良かったっけ。何冊かコミックス持ってました(笑)

Posted by: masami | 2004.05.20 at 12:20 AM

ども!
いくえみ綾の「いく」と「綾」は
『小さな炎』の卓球うまい転校生、綾瀬幾からだと思います。
読みは“あやせ”だけど。
『おしゃべり階段』私も大好き!
あと『わずか〜』シリーズと『Kiss+πr2』がすごく好きです。
いくえみ綾の男の子、ごめんなさい、名前失念です。
ほめておきながら情けない…。
作品は『エンゲージ』好きでしたわ。古いけど。
切なかったです。手元にないので記憶曖昧ですが。
もう一度読んでみたいな。
たかやなぎさのマンガはストーリー覚えていないです。
読んでたんだけどなぁ。ごめんよ、なぎさ。
私が別マ買わなくなったのは宮川匡代が一因です。
なんか辛気くさくて主人公がいつもメソメソしてて苦手でした。
その後くらもちさん見たさにコーラス買ってたんだけど
やはり宮川匡代が流れてきて湿っぽい連載を始めたので
やめてしまったんですよね。
ああ書いちゃった。ファンの人が見ていませんように…。

Posted by: 110 | 2004.05.21 at 01:15 AM

こんばんは!
おお、そうなんだ。そのヘンのくらもち作品はところどころしか覚えてなくて(汗)さすが110さんです!
「おしゃべり階段」いいですよね〜。可南の高校の制服がかわいかったなぁ。とんがらしもいいキャラだし。「kiss+πr2」、私も好きですー。葵ちゃんかわいいですよね。
「エンゲージ」は、隣の良雄→千恵→正雄っていう図式のマンガでしたね。でも正雄には婚約者がいて…っていう。千恵の正雄へのどうしようもなく好きな気持ちが痛かったですね。
たかやなぎさは、長編なかったですもんね。(たぶん)
でもコミックス持ってたから微妙に覚えてますよ。「あいつと0地点」とかね。女の子も男の子もちょっとバカっぽくて(失礼な奴やな)、明るいのが好きでしたね。
宮川匡代!私もですよ〜(笑)やっぱり似た者同士が集うのか?最初の頃は好きだったんですけどね。読み切りとか描いてる頃は。「ONE 愛になりたい」で、もうダメだ…と思って途中から読まなくなりました。
そしてコーラス、私も買ってましたよ。よしまさこのエッセイマンガが好きだったなー。

Posted by: masami | 2004.05.22 at 02:15 AM

そうそう、あの制服かわいかったですよね。
とんがらしには「制服はやめてくれ」って言われたけど。
「エンゲージ」、三角関係なんですよね。四角か。
今考えるとかなり王道な少女マンガですが
今みたいにヒネてなかったので
素直にきゅーんとしながら読んでましたねー。
「あいつと0地点」、辛うじてタイトルだけ記憶にあります。
宮川匡代、やっぱり(^^;)?
安積棍子も苦手でねぇ。この二人が別マ卒業の決定打。
宮川匡代ははじめの頃は作風が違いましたよね。
彼女の主人公も清純派の割にスカートの丈、
くるぶしまであるんですよね。
Fine片手にレイヤーカットだったりするので
ビミョーにサーファー系混ざってるなと思ってました。
コーラスはかつての別マ、週マ、りぼん、ぶーけを合わせて
YOUNG YOUをぶつけたような豪華な顔ぶれで、
とっても気に入ってたんですが2年くらい読んでたところで
やっぱり少しずつ自分が夢中で読んでた時代より
若い世代が入ってきてずれてきちゃいました。
よしまさこのエッセイまんが良かったですよね。
たくさん読んではいないんだけど
週マで描いてた頃から主人公がドライなカンジで
結構好きでした。
あああ漫バナ始めると止めどなくてスミマセン。

Posted by: 110 | 2004.05.22 at 08:55 PM

110さんこんばんは。
「制服はやめてくれ」!冒頭の台詞でしたね。もう忘れかけてましたよ。ああ、読みたくなってきたなー。相方の実家にあったのに、持って帰って来なかったのが未だに悔やまれる…もう捨てられてるのかなあ。
「エンゲージ」はイメージアルバムっていうのがあって、買いました(笑)。その中の「夢」っていう千恵の心を歌にしたものがあって、佐川くんというか、「ひとめあなたに」(ⓒ新井素子)のチャイニーズスープというか(わかります?)スゴイ壮絶な心の歌でしたよ。

安積棍子、いましたねぇ。目がキラキラの。初期のマンガには好きなのもあったような気が…でも、毎回同じパターンだったよう気がします。

コーラス、私もまさに同じような感覚でした。そして、同じ頃に読まなくなったかも(笑)「正しい恋愛のススメ」の途中くらいまでは読んでたかな。少しだけCookie買ってたけど(それはヤバイやろう)もう今はコミックスばかりで雑誌は買わなくなりましたね。
ちなみに今のお気に入りは、二宮知子「のだめカンタービレ」、羽海野チカ「ハチミツとクローバー」、岩館真理子「アマリリス」などです。南Q太も好きです。

Posted by: masami | 2004.05.23 at 11:38 PM

こんにちは〜。
そういえばイメージアルバムって出てましたね。
くらもちさんも蘭丸団のとかあった気がします。
あと槙村さとるさんのも出てたかな。
チャイニーズスープ、わかりますよ!
読書あまりしないんだけど新井素子は何冊か読んでました。
中でも『ネプチューン』が大好きでした。懐かすぃ。
しかし心の歌が「佐川くん」もしくは「チャイニーズスープ」って…コワイ!
安積さんは自分の好きなお洋服とミュージシャンのことを
描きたいが為にストーリーくっつけてるみたいな印象だったんです。
きっともうひねくれてたんですね、あたし。
コーラスは「正しい恋愛のススメ」の始め頃までだったかなぁ。
Cookieは一度も手にとったことがないんです。
姉と姪がすすめるので『NANA』は読んでおこうかなぁと。
最近はめっきりマンガを買わなくなりました。
読みたいんだけど買うと処分しないので
もう部屋に置き場所がないんです。トホ
二宮知子さん、羽海野チカさんはわかりません。ショボ
本屋さんで見てみよう…。
岩館さんはデビュー当時から大好き(*^.^*)で
コミックスほとんど持っていますが
『アマリリス』は1巻しか持ってないッス。
今何巻出ているのでしょう? 買わなくちゃ!
南Q太さんは以前短編を読んだことがあります。
『COMIC CUE』でだったかな。
センスのいいマンガですよね。絵も都会的でステキ。

Posted by: 110 | 2004.05.24 at 04:27 PM

110さん、こんばんは!
くらもちさんのイメージアルバムといえば、うちにもありました。「いつもポケットにショパン」の分ですけどね。姉が買ってたんじゃないかな〜。これに入ってるショパンのバラードがカッコよかったなぁ。
チャイニーズスープ、わかっていただけたんですね(笑)でもホント、あの主人公みたいな歌だったんですよ。歌い出しが

♪赤い血が下水に流れ込まないように
  きれいなバスタブの中でしましょう
   あなたの体 あなたの全て
    私がみんな食べてあげる…

っていう。即座に「ひとめあなたに…」を思い出しました。
安積さんは、洋服好きでしたね。うんうん。マヌカンものとか多かった気がします。今も描いてるのかな??
Cookieは「NANA」も好きなんですが(うちの姪も好きです)、「クローバー」とか石田拓美とか好きなマンガが多いんですよ。でも、対象年齢若すぎよねーと思って最近はもう買ってません(汗)
「のだめ」と「ハチクロ」は超オススメですよ!ちなみに「のだめ」は講談社(kiss?)、「ハチクロ」は祥伝社(feel young)です。「アマリリス」は今3巻まで出てます。3巻最高です。
南Q太は、最近のでは「トラや」が好きです。なにげない日常を描いてるのがスキ。ちょっとエッチなとこもスキ(笑)
110さんのオススメはなんですか?(昔のでもいいです!)

Posted by: masami | 2004.05.24 at 10:28 PM

こんばんは〜。
『いつもポケットにショパン』のアルバムもお持ちだったんですね。
うちもマンガ好き姉妹だったけどmasamiさんちは
相当だったんでしょうね(笑)。
歌詞、すっごくカニバってますねぇ(^.^;)コワイ。
「のだめ」と「ハチクロ」がオススメ、と(..)φメモメモ
コミックスはビニ本になってて立ち読みできないので
雑誌読んでないと新しい作家さんとの出会いがなかなかないんですが
まんが喫茶は近所にいっぱいあるので行ってみようかなと思っています。
『アマリリス』3巻まででているんですか。
なんつーか、寡作ですよね。4年で3巻。
私にはちょうどいいペースかも。
私はずいぶん長いこと「心のマンガ家ベスト3」が
くらもち、岩館、江口寿史で変動ないんですが
好きなマンガは数知れず…。
最近もよく描いてらっしゃる他の方を挙げると
松本大洋と望月峯太郎が好きですわ。
20代の若いマンガ家さんのもおもしろいのがあったら
読みたいと思うんですけどね(^^)ゞ
なんかまんが好きの方との新しい出会いがあったときって
パーッと読むジャンルが広がったりします。
masamiさんと出会ったことで(会ってはないか)
久しぶりにまんが熱が復活してきました。

Posted by: 110 | 2004.05.25 at 11:00 PM

マンガ好き姉妹…確かにそうかもなぁ。姉が「りぼん」私が「なかよし」。姉が「別マ」に移ったら私が「りぼん」妹が「なかよし」。そして、私は「別マ」妹が「りぼん」…と、永遠に読み続けてましたね(笑)
姉は陸奥A子、田渕由美子、岩館真理子、吉田まゆみが大好きで私も影響受けました。私はいくえみ綾、岡崎京子、南Q太…かなぁ。昔はおーなり由子とか冬野さほ(松本大洋の奥さん)とか好きでした。あ、耕野裕子も!
江口寿史も好きですよ〜。夫婦揃って好きなので、だいたいは揃ってます。最近はキャラ者以来出てないですね。
望月峯太郎は「万祝」面白いですね。「ドラゴンヘッド」とは違った感じで。フナコちゃんのキャラがいい感じです。
私も結構偏ったマンガ趣味だったんですが、相方がいろいろいろいろ好きなんで広がりましたよ。
入江紀子とか逢阪みえこは相方の影響で好きになりました。最近発掘して好きになったのは河原和音、木村千歌、森本梢子かなぁ。

Posted by: masami | 2004.05.26 at 12:23 AM

こんにちは〜。
私もお姉さんとおんなじ!
陸奥A子、田渕由美子、岩館真理子、吉田まゆみは大好きでしたよ。
やはり姉が別マとりぼんで私がなかよし買ってました。
ほんとはなかよしよりりぼんのほうが好きだったけど、
家に2册あってもしかたないからなかよし。
『キャンディ・キャンディ』連載中の頃でした。
りぼんは一条ゆかりや弓月光が看板の時から読んでましたが
「乙女ちっく」ブームの頃ハマりまくってました。
陸奥A子、田淵由美子のまんがはそれまでのどれとも似ていなくて
ちょっとおとなっぽくてポエティックで
あまり長い連載がないのも気に入ってました。
短編がいいんです、乙女ちっくは。
ストーリー展開で読ませるというよりは
情景や気分に寄るとこが多いし。
でも付録にA子タン(笑)の紙の着せかえ人形がついたとき卒業しました。
陸奥A子や田淵由美子のまんがの主人公は高校生や大学生なのに
きせかえはないだろ? と思って。
りぼんはあの頃すでに低齢下目指していたのかな。
太刀掛秀子はもうほんわか乙女ちっくやめて
コテコテのヒロインイジメ『花ぶらんこ〜』描いてたし。
吉田まゆみは『アイドルを探せ!』まではキッチリ読んでたなぁ。
彼女は好きなファッションや芸能人を織りまぜながらも
ストーリー重視でおもしろかったですよね。
岡崎京子はやはり年が近い(同じか1コ違い)ので
「む、デキる!」みたいな感じでした。
彼女の80年代への愛にはすごく共感するとこがあって
同じ時代を生きてきたなぁって思います。
少しずつ少しずつ回復されていると聞いてすごく嬉しいです。
この先漫画家として復活することがもし困難だとしても
時代の空気みたいなものを敏感に感じながら
楽しく生き続けてほしいなぁと思います。
おーなり由子は今みたいな絵本のスタイルでしか
見たことがないのです。
りぼん出身ですよね? 普通のマンガを描いていたんですか?
冬野さほはやっぱり「COMIC CUE」で読みました。
いい話でした。
中心で活躍されてる場を知らないんですが。
それに松本大洋と結婚してるの知らなかった!
言われてみれば少し絵柄が似てますね〜。
耕野裕子は残念ながらほとんど読んだことがないのです。
ぶーけは本誌はあまり読んでいなくて
ぶーけ系まんが家では松苗あけみが好きでした。絵が上手くてねぇ。
あとは吉野朔実かな。
そんなわけでして入江紀子も逢阪みえこも
絵を見たという程度でおはずかしい。
江口寿史はなかなか描きませんねぇ。
あの人はイラストだけで食えちゃうのがね。
そうは言いつつ夏に出るイラスト集楽しみなんですけども。
望月峯太郎「万祝」いいですよね。楽しみです。
相方さんもほんと好きですね〜。
よい方と出会われてうらやましいなぁ。
河原和音、木村千歌、森本梢子、ですか。わ、わからん。
まんが離れて長いんだな〜と実感。
それこそ昔は読んだことのないまんが家でも
売れてる人なら、ああ、あの人ね、と
絵柄くらいは浮かんだものですが。とほほ
週末まんが喫茶行き決定。

Posted by: 110 | 2004.05.27 at 06:00 PM

110さんこんばんは!
またなが〜いコメントありがとうございます。読みごたえあるなあ(笑)
やっぱり、似た環境ですねぇ。りぼんになかよし。私もなかよしは子供っぽくて、りぼんにランクアップ(笑)した時は嬉しかったものです。でも、子供の頃はギャグマンガとかそういうのから入ったから「キノコ・キノコ」とか「泣き虫メルヘン」とか好きだったな(笑)弓月光、いましたねぇ(イヤ現役だけど)。「ナオミあらかると」とか持ってましたよ。ちょっとお下劣なとこが子供だったから好きだったのかも。陸奥A子は「樫の木陰でお昼寝すれば」とか好きでした。あと、大矢ちき「おじゃまさんリュリュ」とかも好きだったなぁ。りぼんの付録で印象的だったのは、裏に占いが書いてあるシールと小椋冬美とか陸奥A子のトランプ!豪華だな〜と思ってました。着せかえは覚えてないけど、うちの姉はたぶん喜んだと思います(笑)
吉田まゆみは私も同じような感じです。「アイドルをさがせ」まで。「れもんカンパニー」とか「B・Dフィーリング」とか好きでした。もっと遡ったら「からふるSTORY」とか。イラスト集もあったなあ(笑)
岡崎京子、ほんとずいぶん回復されたようですね。最近小説が発売されてて、まだ買ってないけどちらっと中を見たらもうテレビを見て笑ったりネットをやったりできるようになった、とありました。ほんと一時はどうなるかと思ったけど、一命をとりとめて良かったです。確か、ニフティのRTで聞いたんですよ。事故に遭われたこと。もうあれから8年くらいかな?未だに次々コミックが新装で発売になっていて、スゴイなあと思います。今読んでも新しい感じですよね。
おーなり由子はメルヘン調でちょっとファンタジーな普通のマンガを描いてました。とにかく絵がかわいくてやられました…読んでて楽しくて、何度も何度も繰り返し眺めてました。冬野さほも似た感じですね。おーなり由子が和風なら、冬野さほはちょっとアメリカンな感じ。やっぱり絵がめちゃめちゃかわいいのがお気に入りでした。
耕野裕子は、ちょっとクールなイロモノ好き?(笑)ってイメージです。ローザルクセンブルグとか好きだったみたいですね。「あの頃に逢いたい」とか「リバイバルはいつも電車で」とかオススメですよ。
松苗あけみも好きでしたよー。もちろん!「純情クレイジーフルーツ」も持ってたけど、私は「山田くんと佐藤さん」が好きだったな。かずよちゃんとかずえちゃんのかけあいが。吉野朔美は、相方が好きだったようで、初めて読みました。「少年は荒野を目指す」と「ジュリエットの卵」。絵がキレイですね。話はちょっと暗いかなぁ。でも青春って感じですねぇ。
入江紀子は、全然知らなかったんすよ。でも、結構いっぱいコミックスが出てて、読んだら肩の力が抜けてていい感じで今はお気に入りです♪「つうかあ」とかいいですよ。最近のでは「ママの恋人」とか。
江口寿史のイラスト集出るんですね。あの人はイラスト見るだけで楽しいから相方に買わせよう…。
森本梢子は「ごくせん」「研修医なな子」の人ですよ!独特の間がいい感じです。テレビ好きの110さんはきっと楽しめるはず!(笑)
木村千歌は「あずきちゃん」の人。子供のアニメの。知ってるかな?そのイメージが強かったんですが、他のマンガは意外とエロかったのでそのギャップがいいです(笑)この人も力の入ってないとこが好きです。
河原和音は近頃の人にしては珍しく面白くてテンポのいい少女マンガを描くなあ、と思ってます。最近完結した「先生!」は良かったですよ。伊藤先生がカッコイイ。さあ、週末マンガ喫茶で読みまくって下さい!(笑)

Posted by: masami | 2004.05.28 at 12:35 AM

こんにちは〜。
イヤぁ、どんどん長くなっちゃってゴメンナサイ。
止まらなくなっちゃって。
いくえみさんから離れちゃいましたね。
私もりぼん読み始めたころは「キノコ・キノコ」大好きでした。
かわいくってよく似顔絵描いてましたよ。
ドクターの注射ネタばかりで途中で飽きたけど(笑)。
で、最後はコマが大きくなって
「わ〜きれい!」「すてきー」なんて
花火見上げて終わるパターンでしたよね。なつかしー。
メルヘン、かわいかったですね。
花とゆめで描いてた『チリリンふたりのり』も好きでした。
土田よしこ『わたしはしじみ!』も大好きでした。
弓月光はおもしろかったけど青年誌に移って正解だったかもしれませんね。
男の子と女の子が入れ替わる話、何だったかなぁ。
映画やまんがによく使われる手ですが、
私がこのパターンを読んだのは彼の作品が初めてでした。
中学生だったいとこのお兄ちゃんにもウケてました。
週マに移ってからは読んでないけど息が長いですよね。
『樫の木陰でお昼寝すれば』は私も好きでした〜。
あれ、書き下ろしの付録だったんですよね。
しばらくとってあったなぁ。
『秋にのって』っていうのが好きでした。泣けて。
ストーリー忘れちゃったけどどんなんだったかな?
あとは『ハッピーケーキの焼ける間に』とか
『おしゃべりな瞳』とか。ガッツ君LOVE!
大矢ちきは私当時ダメでした〜。ごめんなさい。
すごく絵上手いんだけど濃くて。
一時期一条ゆかりがそっち行きそうになって焦ったです。
まつざきあけみとか青池保子とか
欧米ロックミュージシャン顔の美麗キャラの絵が苦手でしたねぇ。
後のやおい系に多い耽美派につながるような。
でもストーリーはここに並べたみなさんおもしろかったです。
そういえば大矢ちきの『回転木馬』というマンガの中に
落書きを探すような企画があったっけなぁ。
覚えていますか?
彼女の絵細かいから目を皿のようにして探しました。
りぼんの付録のシール、今も押し入れ探せば出てきます。
もう糊が変色してると思うけど。シール好きなんス。へへ
トランプは記憶にないのでその頃はもう買ってないんだなぁ。
小椋冬美はりぼんのメインになる前に読まなくなっちゃったけど
カラーページがと〜ってもきれいでよく覚えてます。
あの人の描くタレ目、立ち耳の男の子が好きでした。
『リップスティック・グラフィティ』は友達に借りて読みました。
吉田まゆみは『れもん白書』が一番好きでした。
『年下のあんちくしょう』とか『真理&朗』とか
フレンドよりmimiで描いたものがオトナっぽくて好きでした。
おーなり由子、普通にまんが描いていたんですね。
今や絶版でしょうね。見たかったな。
松苗あけみは「ぶーけせれくしょん」で
『純クレ』番外編を読んだのが出会いでした。
『山田くんと佐藤さん』私も大好き!
松苗あけみはキャラもいいんだけど
食べ物描くのうまくって、
とくにスィーツ系にはうっとりします。ああ甘美。
ぶーけのまんが家は絵がうまかったですよね。
集英社の本の中では一番つぶ揃っていたかも。
りぼんやマーガレットは流行や勢いを大事にしてたけど
ぶーけは実力が安定していた気がします。
集英社なんだけどちょっと白泉社っぽいかんじ?
LaLaや花とゆめよりは少年がつけいるスキのない
「少女マンガ」ですが。
江口寿史のイラスト集、完全予約制と本屋に書いてありましたよ。
6月初旬締めきりになってました。
その本屋だけだったらごめんなさい。
森本梢子は「ごくせん」ですか。
わかるわかる、絵がわかりました。
ドラマとアニメは少し見ましたよ。
木村千歌は「あずきちゃん」ですか。
他のまんがも描いてるんだぁ。エロいんですか。
エロいの嫌いじゃないです(笑)。
一時期内田春菊にやられまして第一子出産前までの本
ほとんど持ってました。
昔の絵柄が好きだったので
変わってきた頃買わなくなっちゃいましたが。
この人男の人のイヤ〜なとこよく描いてるんですよねぇ。
あとエロといえば山本直樹は好きです。
彼の描く女の子のスレンダーな体型は憧れ〜。
ストーリーもなーんかおもしろいです。
あしたまんが喫茶いってきます。
教えてもらったの全部メモってさがしてみます。
少女マンガ多いところが見つけられるといいなぁ。

Posted by: 110 | 2004.05.29 at 06:42 PM

こんばんは〜。止まらないのはお互いさまです(笑)昔のマンガの話できる人って限られるから楽しいですよねぇ。
そういえば今日姉と会ったのでここで盛り上がってるの教えときました。あの人もここ見てるみたいだけど、コメントまでは読んでないみたいだから。そしたらやっぱりA子タンの着せ替えは嬉しかった!って言ってました(笑)読みは当たった。
「キノコキノコ」は私もよく似顔絵描いてました(笑)今でもたぶん描けるな。スミカちゃんはリボンが水玉でキッコちゃんはチェックなんだよね。最後は大コマで終わるの、そうそう!別マの「フーちゃん」も同じような感じで好きだったなあ。
赤座ひではるは花とゆめの方は読んだ事なかったけど、メルヘンの前にやってた「ねことお姫さま」は好きでした。
「私はしじみ!」懐かしい〜。潮吹きくんがいつもいじらしいんですよね。「きみどりみどろあおみどろ」も好きだったなぁ。
弓月光の入れ替わるのは、「ボクの初体験」かな?コミックス持ってたような気がします。ああ、でも弓月光はやっぱり「エリート狂想曲」が好きだったなー。週マは読んでなかったからオール立ち読み(ぉぃ)だったけど。
ああ、110さんの陸奥A子作品のタイトル聞いてもどれがどれだか区別がつかなくて悔しい…相方は覚えてるかも(笑)あ、私あと「きのう見た夢」!好きでした。雛ちゃんと駒ちゃん。名前だけでやられちゃった感じでしたよ(笑)
田渕由美子のは、大人っぽいラブストーリーって感じで憧れでした。「あのころの風景」がすごく好きだったなぁ。これも書き下ろし付録でした。「神田川」の歌が出てくるんだよね。
大矢ちきは、実は好きだったってわけじゃないのです。「おじゃまさんリュリュ」が好きだったの。私も110さんと同じく美少年系は苦手でした。てか、今も苦手です。どっちかっていうとシンプルな絵に惹かれちゃうんですよね。ちょっと後の方になりますが、萩岩睦美とか好きでしたよ。「小麦畑の3等星」とか。
シール持ってるんだ!スゴーイ。見たーい(笑)付録で未だに持ってるのはないかなぁ…
小椋冬美はやっぱり「リップスティックグラフィティ」ですよね。街子と神子。ああ、男の子の名前が思い出せないぃぃぃ。
吉田まゆみは、やっぱりmimi系でしょう。「年下のあンちくしょう」は姉の恋愛バイブルだったみたいですよ(笑)彩と仁だったっけ?
おーなり由子のマンガはたぶんりぼんの文庫で出てますよ。「あこがれくじら」と「ともだちパズル」かな?「あこがれくじら」に収録されてる「雪やこんこ」とか「てけてけてん!」とか好きでした。おーなり由子のは、絵を見るだけでも楽しいので買ってもソンなし!(笑)
松苗あけみは、目が特徴的でしたね。あと、レタリングがフォントみたいでキレイなのが新鮮だった。今でいう佐々木倫子みたいな。食べ物といえばやっぱり「桃まん」食べてみたかったなー>高校生の私
私は松苗あけみとの出会いは「ぶ〜け」より一足早く、サンリオが出してた「リリカ」って雑誌でした。知ってます?マンガなのに左開きなんですよ!カラーが多くて豪華だったから時々買ってました。小学校の頃…
木村千歌のエロいのでは最近の「カンベンしてちょ!」もいいけど、「メープルハイツ#102」「ルート3」とかもオススメです。
内田春菊好きだったんですね。「物陰に足拍子」とかの頃かな?まだ目がパッチリしてる頃ですね(笑)最近は私も買わなくなっちゃったけど、ちょっと前までは時々買ってましたよ。確かに男の人をシビアに分析してるものが多かった。「猫のスープ」は怖かったなあ。ちょっとホラー入ってました。
山本直樹は相方が好きなので私もほとんど読みました。エロいですね(笑)そして不思議な話が多いですね。非現実的な感じの。相方が「どこらへんが好きなんだろ」って言ってます。
では、面白いマンガに出会えることを応援してます(笑)

Posted by: masami | 2004.05.29 at 11:29 PM

こんにちは〜。行ってきましたよ〜まんが喫茶。
いやぁ、癖になりそう(^m^)。三時間パックで入ったんだけどとても足りませんでした。ゲームやネットには目もくれず読んだんだけどなぁ。遅いんですよね、読むの。
人気本コーナーにあったのですぐ見つかった『のだめ』と『ハチクロ』読みましたよ。あと『NANA』と。全部1巻だけだけど。おもしろかった〜。
『のだめ』は特別惹かれる絵柄ではないんですが妙にいいですねぇ。引き込まれます。音楽が聴こえそうなかんじ。
『ハチクロ』はキャラがすごく魅力的。愛すべきキャラたち!はぐカワイイ。美大や音大っていいな〜。あこがれ〜。
行ったとこには少女まんがもいっぱいあって、大島弓子選集とかつい手にとりたくなるんだけど今回は新たなる出会いを求めて昔から知ってる人は読まないぞって決めてたんです。他の教えてもらったのも探せばありそうだったんでちょっと通ってみようと思います。『20世紀少年』と『リアル』と『ベルセルク』の続きもいつか読もう。ワクワク
『キノコキノコ』細かいディテールまで覚えてますね〜。私も水玉のリボンまでは覚えてたんだけどなぁ。
『フーちゃん』、長かったですよね〜。これもよく似顔絵描きました。
あと別マならところはつえの『ちるどちゃん』。週マの『にゃんころりん』とか。かわいくて好きでした。
小さい時はとにかく4コマやギャグが好きで、別フレの大和和紀『おいらケムケム』、別コミの萩尾望都『モトちゃん』、市川みさこ『しあわせさん』、週フレのみなもと太郎『ふたりは恋人』とか。集英社じゃないけどわかります?古すぎるかな。別マの水野レイ『ギンギラチカちゃん』も好きでしたね〜。なんかロックで。
『きみどりみどろあおみどろ』ってすごく懐かしいですよ〜。勢いありましたよね、土田よしこ。やはり最終的には『つる姫じゃ〜っ!』につきるのですが。しいたけが好きでした。
そうそう、弓月光の入れ替わる話、『ぼくの〜』より昔にもうひとつあったんです。調べたら『笑って許して』という作品でした。
陸奥A子の『ハッピーケーキ〜』は花から生まれた女の子を育てた博士が若返ってハッピーエンドになる話、『秋にのって』は女の子の親友がすてきな思い出を作って死んじゃう話(;_;)だと思います。ファンタジックなのが好きだったのかなぁ。『おしゃべりな瞳』は普通のさわやか恋愛ものですがガッツ君ってネーミングが好きで(笑)。80年代桜沢エリカも宝島でガッツ君がでるパロディ4コマ描いてました。『きのうみた夢』はどんなでしたっけ。親友同志のそれぞれの恋の話だったかな?
やばい…どんどん長くなるっ。ついつい楽しくて夢中になって書いていますが、かいつまんで反応していただければ十分幸いです(^^;)。
田渕由美子のはオトナっぽかったですね。男性キャラももの静かな人が結構多かったですよね。クスッとか笑う人。私は『ライム・ラブ・ストーリー』がツボでした。あとは『風色通りのまがりかど』とか『フランス窓便り』。よく出てくる親友キャラ、まゆこも良かったし。『あのころの風景』の頃はもう読んでいなかったみたいです。30超えてから文庫本買った記憶はあるんですけども。10代の頃とは思い入れが違うのかストーリー失念。陸奥&田淵はタイトルのネーミングもステキですね。
萩岩睦美もほとんど読んでないのです。新人の頃いくつか読んだかも。すごくかわいい絵だったなぁって記憶だけ。
シール、探してみますね。あったら自分とこの「マイフォト」にアップします。他にもりぼんとなかよしの付録、どこかにしまってあります。キャンディのレターセットとか、わんころべえのシールとか、陸奥A子のノートとか。物持ちいいなぁ、あたし。捨てるの駄目で。部屋はのだめっぽいです(^^;)。
『年下のあンちくしょう』、そーそー私もバイブルでした。ずっと後に彼とユーミン口ずさみながら清里行ったりしましたもん。
松苗あけみの目はドットで描かれてるんですよね〜。江川達也が『BE FREE!』でパロってたような。描き文字はほんとに上手でしたね。真似したくてもできませんでした。リリカ、覚えてますよ。買ったことなかったけど『ユニコ』掲載してましたよね。きれいな本でした。リリカの松苗作品はコミックスに収録されていたのを読みました。
『あずきちゃん』、『あさりちゃん』と勘違いしてました!あの絵でエロを?とか思ってた(^^;)。『あずきちゃん』ね。思い出しましたよ。NHKのアニメ好きでよく見てました。そっかーエロをねぇ。
内田春菊は『南クンの恋人』と『幻想の普通少女』が好きでした。あとは『波のまにまに』とか。
山本直樹の「どこらへんが好きなんだろ」とはどんなところがってことでしょうか?それともどの作品がってことかな?森山塔は読んだことないです。そんなにたくさん読んではいないんですが、『守ってあげたい』とかそのあたりです。ちょっと前のIKKIで読んだ戦争やってる砂漠みたいなとこに少女がやってくる話もおもしろかった。何だっけな。山本直樹のは美少年が出てこないんですよね。みんなヤラシイ顔しちゃって。でもエロ通して人間描けてるかんじがしていいです。しょーもなくエッチなのもあるけど笑えればオケ。欲望のはけ口として描かれているエロマンガとは一線を画してる、と思います。
ああ〜まんが三昧でちょっぴりシアワセ〜(*^^*)

Posted by: 110 | 2004.05.31 at 04:19 PM

こんばんは!どんどん長くなりますねぇ、お互い(笑)
まんが喫茶、行かれたんですね。3時間…足りないですよねー。私もいくつか登録してますけど、もうずいぶん行ってないなー。ワンコを飼い始めてから、行く事がなくなりました。楽しいんですけどね。ドリンク飲み放題とかで。
「のだめ」と「ハチクロ」読まれたんですね!いいでしょう?二宮知子は以前は私も全然知らなくて、元同僚が「天才ファミリーカンパニー」と「酔っ払い研究所」を貸してくれたのがきっかけで好きになりました。なんかヘンで、好きなんですよね〜。キャラが魅力的で。「ハチクロ」は、初めCutie!Comicでやってたんですよ。でも廃刊になったのでFeel Youngに移ったようです。だから私の持ってるコミックスは1巻だけ宝島社から出た奴なんで大きいんですよ(笑)でも、その表紙がかわいくて惹かれて買いました。そして、こんな漫画家がいたのか!と衝撃を受けました。登場人物がみんなかわいくて魅力的ですよね〜。私もはぐちゃん萌え〜です。昔から小さくてかわいいキャラに弱いのです。TO-Yのニヤとか。自分が大きいから、憧れなんですよね〜。でも男の子ははぐちゃんより山田さんに萌え〜みたいですね。やっぱりはぐちゃんはコロポックルにしか見えないのか…?私は真山が好きです。シカオちゃんぽいですよね。そしてどーも私、眼鏡に弱いみたいです。
「20世紀少年」はまだ読んだ事ないな〜。「ベルセルク」は昔相方が借りて読んでたけど私は読み損ないました…「リアル」は井上雄彦好きの同僚が買ってるんで借りて読んでます!
子供の頃はやっぱギャグマンガですよね!(笑)「にゃんころりん」私も好きでした〜。ケムケムもモトちゃんも覚えてます!大和和紀は「はいからさん」と「ケムケム」を同時連載してたからスゴイな〜と思ってました。みなもと太郎も覚えがありますよ。でも詳細は思い出せない〜。あと、なかよしは「モンモちゃん」と「わんころべえ」ですね!市川みさこは「オヨヨ猫」だっけ?ちょっと小学館の「小学○年生」とかで「パンク・ポンク」とかやってたたちいりハルコとかぶるんですよね。
「きのう見た夢」は、仲良しの雛ちゃんと駒ちゃんが中学校を卒業して別々の高校に入って、それぞれガンバッテる話でした。駒ちゃんはチェロを弾いていたっけ。んで、雛ちゃんの好きな男の子の名前が「日産(ひうぶ)くん」っていうんですよ。陸奥A子、ジュリーのファンでしたよね。んで、ブルーバードつながりで日産くんが生まれたんだなあ、とか想像するのが楽しかったです。他にも福岡出身だから福岡ネタとかもたまにあったりして嬉かったなぁ。陸奥A子&田渕由美子はホント当時の漫画家の中でもセンスが光る感じでしたね。あ、あと千明初美も個性的で好きだったなー。それから感動もので数多く泣かされた久木田律子さん、亡くなられたそうですね。子供の頃好きだったからショックだったなぁ。
萩岩睦美の頃はもうりぼん卒業されてたんですね。「銀曜日のおとぎばなし」が有名で、好きだったけど、私は「小麦畑の3等星」の方が好きだったなぁ。康太郎がカッコイイの!機会があったら読んでみて下さい。
付録はちゃんと取ってあるんですねぇ。スバラシイ…私も捨てられない方だけど、引っ越しを繰り返すうちにおのずと物が減っていきました。マンガもそのたび売ったり捨てたりしてるんですよねー。相方と知り合ってから2回引っ越しましたが合わせて6〜7万円分くらい売りました。それでもまだ2000冊くらいあるんですが(汗)
ユーミン口ずさみながら清里かぁ。いーな!なんかある意味憧れでしたよ〜。そしてもちろんMILK HOUSEですよね!あの頃って、ユーミンとかサザンとかめちゃめちゃお洒落なイメージでしたよねー。
「中央フリーウェイ」とか「埠頭を渡る風」とか。サザンは「My Foreplay Music」とか。はっ、マンガから離れてきた!(笑)
「あさりちゃん」!ウケました。あの絵でエロだと確かに可笑しいですね。ある意味読んでみたいかも。木村千歌は、どっちかっていうと伊藤理沙'(えびちゅ)に近いですね。それよりかは真面目なマンガだけど。そんなにエロ!ってわけでもないです。Hシーンがよく出てくるだけで(笑)
「南クンの恋人」は名作ですね、やっぱり。何回読んでもラストは泣けちゃいます。泣くから読まないようにしてるくらい(笑)「波のまにまに」は、旅館の奴ですっけ?ちょっとSM系の。SMといえば、昔原律子っていましたね。宝島に連載とかしてましたけど知ってます?何故か私彼女のサイン本もってます(笑)しかも目の前で描いてもらいました。キューピーが亀甲縛りされてるの(笑)
山本直樹は「いつごろの」って意味だったみたいです。砂漠に少女がっていうのは「安住の地」かな?私は最近ので印象的なのは「ビリーバーズ」かなぁ。なんか不思議な話でした。でもエロは最近あんまり読まなくなったなぁ。一時期「快楽天」とか買ってたんですけどね(笑)SABEって人が好きで。(南Q太の元ダンナです)変なギャグエロなんですけどね。一時期娘の成長記を4コマで描いてたんですよ。それが好きでねぇ…でも離婚して終わっちゃった。かなしい思い出です。
ああ、ホントいつまで経っても終わらないですね〜。デキトーなところで切っちゃっていいですよ〜。楽しいからいいけど(笑)

Posted by: masami | 2004.06.01 at 12:03 AM

こんばんは〜。今日は本屋さんに行ってきました。
二宮知子と羽海野チカは何種類も平積みになっていて人気あるんだなぁと改めて実感。『ハチクロ』はCutie!Comicだったんですかぁ。Cutie!Comic一度も読んだことありませんでしたけども。ぬぬ?『ハチクロ』はYOUNG YOUでは?まぁそんなこたいいんですが実はFeel Youngも一度も読んだことありません。まんが離れて長いもんで(^^;少女まんがを定期購読するには年をくい過ぎたし、さりとて女性週刊誌の延長上にあるようなレディコミには抵抗あるしで、見分けがつかないので手にとるってことがなかったんですね。Feel Youngの今月のラインナップを見てみたら結構好みの路線が並んでいたので見てみるもんだなぁと思いました。
私もTO-Yのニヤは大好きです!めちゃめちゃかわいかったですよね〜。TO-Yは思い出の作品です。私は背はミニモニ。並みに低いんですが体型が桃苗なんで華奢なかわいいコにすごく憧れます。
真山はほんとシカオちゃんっぽいですね。私は森田が好みかなぁ(^.^)。ああいう飄々としてマイペースなヤツには弱いッス。
『ベルセルク』おもしろいっすよ。昔BSマンガ夜話でいしかわじゅんか岡田斗司夫が言ってたけど気持ち悪いもんのオリジナリティがすごいんですよね〜。あんな気持ち悪いもん見たことないってかんじで。あ、ストーリーがよいんですけどね。
なかよしの『モンモちゃん』はまったく覚えてないです。どんなだったんだろう???りぼんのサドハラユッコ『ラブリーYOUちゃん』って覚えてます? なぜかみつはしちかこと半々の単行本、昔いとこのお兄ちゃんに買ってもらって持ってるんですよね。なんでこの組み合わせ?ってかんじの。たちいりハルコは学年雑誌は読んでなかったけどなぜか知ってるなぁ。鳥がでてくるまんがじゃないですか?あと思い出したんですが週マの『あのねミミちゃん』好きでした。これも長かったけど古いですよね。『エースをねらえ!』とか『ベルばら』の時代ですね。
『きのう見た夢』詳細は思い出せませんが日産くんという名前はなんとなく。なるほど、ネーミングの由来辿ると楽しいですね。ジュリー好きでしたよねーそういえば。陸奥A子福岡でしたっけ。うれしいですよね、地元とか出てくると。細かいローカルネタであればあるほど。
千明初美は素朴なカンジでしたね。りぼんで見て数年たってからJUNEでイラスト見てびっくりしたことがありました。「おやまぁ、こんなところに」って。久木田律子はコンビニで本が売ってて亡くなったのを知りました。あの人のは泣けましたよね。参観日に作文読むやつ、泣いたなぁ。「そんな父ちゃんが大好きです」って。母ちゃんだったかな(^^;)?とにかくその当時の汐見朝子とか結構泣きました。巴里夫はさすがに絵柄にギャップ感じてダメでしたけど。真面目な戦争ものとか描いてらっしゃいましたが完全に浮いてる印象。古くてゴメン。山本優子大ブレイク中の時代かな。
私も引っ越しが多いのですが古いものになればなるほど捨てられなくて付録や廃刊になった雑誌などは今も一部残っています。付録は使っちゃったものや破れて捨てちゃったものもあるので少しですけどね〜。コミックス類は一度も捨てたことがないので70〜80年代のものが結構残っています。母に捨てられちゃッたのはあるんですけどね(;_;)。そのかわり新しいのはあまりないという。masamiさんは2000册所蔵ですかぁ。すごいっ!処分しても2000册…。うちは数えたことないけど数百冊ってかんじだなぁ。
原律子持ってますよ〜。やはり宝島で知って、スピリッツで連載してた『元気があってよろしい!』が好きでした。あのレトロ感がなんともいえず。旧かな使いとかわいい絵とえげつない内容(笑)。
山本直樹、そうそう、『安住の地』です。あれおもしろかったけどIKKIそのころ隔月刊でうっかり買い忘れているうちに読まなくなっちゃって最後まで読んでないんです。最近松本大洋のポスターの全員プレゼントがほしくて久しぶりにIKKI買ったらもう跡形もなく終わってましたね〜。全プレ応募したの小学生ぶり!
快楽天は買ったことないのでSABEは読んだことないです。そういう生活から生み出されたまんがは状況が変わって終わってしまうととても残念ですよね。そういう内容でなくても、昔の江口寿史の先ちゃんまんがに出てきた奥さんとか、今違うんだよなぁ〜とか思うとなかなか感慨深いです。
成年誌は激漫とペンギン倶楽部山賊版は買ったことあります。友達が連載していたもので。
楽しいのでネタがつきるまで続けてていいですか?他のライブの話にも反応したいんですがキーを打つのが遅いものでこれでいっぱいいっぱいになっちゃって情けない。
姪御さんの御誕生おめでとうございます。(←おそっ)

Posted by: 110 | 2004.06.03 at 12:19 AM

こんばんは〜。
のだめとハチクロは最近人気が爆発してきたので、本屋さんでもコーナー作ってるとこ多いですね。ハチクロはそう、Young Youでした!集英社じゃん…Cutie Comicは、なんか一時期買ってました。元々Cutie!を読んでたんですよね。岡崎京子が「ROCK」とか「東京ガールズブラボー」とかやってた頃。安野モヨコに変わった頃買わなくなっちゃったんですけどね。でも「ハッピーマニア」は好きでした。あのパワーは凄い!と思いましたね。レディコミは、私も変なエロっぽいのは抵抗あるんですが、集英社系(YOUシリーズ)とFeel YoungとKissは描いてる漫画家も好きなタイプが多いので別かな〜なんて(笑)でも、雑誌はめったに買いませんね。コミックス待ち!
110さんもTO-Y好きだったんですね。あれはニヤ派とヒデロー派に分かれるのかなあ。はぐ派と山田さん派みたいに。私はどっちも好きでしたけどね。でも、ニヤちゃんが出て来るシーンはまわりの人がみんなニヤちゃんのペースに巻き込まれてほのぼの〜してしまうのが好きでした。上條淳士は、TO-Yの後にいくつか作品がありますが、TO-Yを越えるものがないのが残念です。
しかし、110さんミニモニ。並に小さいんですか。いいなぁ、かわいいなぁ。しかも桃苗?かわいい〜じゃないですかー。あたしなんか大きいのに桃苗だからねぇ。ヤバイっすよ。
「ベルセルク」面白いんですね〜。グロいのは、借りてちらりと見たことがあるので何となくわかります。なんで読まなかったのかなぁ…「寄生獣」は読んだんですけどね。
「モンモちゃん」はリョーコきっすもとという人が描いてて、モジャモジャ頭を2つに結んだモンモちゃんと、修道院のシスターみおたいなママの2人暮しのドタバタギャグマンガでした。「なかよし」で里中満智子が「スポットライト」とかやってた頃にあってたんじゃないのかなぁ。
サドハラユッコ「ラブリーユーちゃん」覚えてます!1ページだけの奴ですよね。たちいりハルコ、鳥が出て来るマンガありました!オウムみたいなのね。「パンク・ポンク」はウサギなんですけどね。
「あのねミミちゃん」は川崎苑子ですよね。あったあった!好きでしたよ〜。
昨日ね、いろいろ調べてたら魅惑的なサイトを見つけました!110さんもきっと読みはまるはず…
ココ→http://www2.plala.or.jp/eiko/ribon/index.html
はりぼんに関するサイトで、
ココ→http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/1497/bma/bmatop.html
は別マに関するサイトです。みんな雑誌とかもマメにとってるんだなぁ…と感心しました。
千明初美、JUNEに描いてたんですか?!そうなんだぁ。ちょっとビックリ。そっち系だけは立ち読みすらしたことがないもので、気が付きませんでした。昔「なかよし」で描いてたあさぎり夕もそっち系行っちゃいましたよね。ちょっと寂しかったな(笑)
巴里夫、なんか意外と好きでしたよ(笑)なんか1冊コミック持ってたんですよね〜。でももう全然覚えてない。なんて題名だったのかな。
山本優子は、「美季とアップルパイ」ですね!ミーハーのマンガだったなぁ。
あ、ドタバタといえば坂東江利子っていましたね。子供の頃はあーいうの好きだったから、「ちょいまちミータン」とか「ラミと気まぐれ学園」とか好きだったなぁ。

ああ、そろそろ眠気が限界に。
ごめんなさい、今日はこの辺で。
また明日続き書きます!

Posted by: masami | 2004.06.04 at 12:55 AM

遅くなりました、続きです!(笑)
110さんコミックス捨てたことないんですか!スゴイ…、私なんて何度同じマンガを古本屋に売っては買い直したことか(無駄金…)
うちの2000冊は、2/3は相方の本です。それでも随分減らしたんですけどね。最近は古本屋で無駄な買い物をしなくなったので、本が増えるペースが少しゆっくりめです。でももうすぐコミック本棚がいっぱいになってしまう…なんとかせねば。
原律子はレトロ感ですね。そうそう。旧式かなづかいでえげつないことをお上品に描く、そのギャップが好きでした。レトロといえばやっぱり宝島に、レトロ感溢れるイラスト1Pを描いてた霜田恵美子さんっていましたね。今どうしてるんだろうなぁ…
宝島は、あの頃マンガに限らずいろんな方面の(ちょっとアングラな)先端を感じ取れる雑誌でしたよね。音楽が好きで買ってたけど、アートやファッションや本や…なんか高校時代はバイブルのようでした。大きくなってからもしばらくは買ってたんですけどね。エロ本みたいになっちゃった時はショックだったなぁ。今はパソコン雑誌みたいになってますっけ?めまぐるしく変わり過ぎててもう把握できてないんですけど。別冊宝島の「音楽誌が書かないJ-POP批評」とかは、宝島らしい下らない(笑)視点で掘り下げてて面白いんで、こういうところは変わってないなぁと思うんですけどね。
山本直樹は…今の相方とつき合い出すまではいわゆるHなマンガを読んだ事がなく、それこそ原律子とか岡崎京子とかその程度だったんで、最初読んだときは「わ〜、エッチなマンガだ!」と単純に思いました(笑)。でも、その後いろいろ読んでいくとHマンガには内容はまったくないものの方が多いことを知り、確かに山本直樹はそういうのよりは読む気になりますね。絵もグロくないし。気持ち悪いの多いじゃないですか。快楽天には当時「OKAMA」さんという漫画家さんが描いてて、やっぱエロいんですが独特な世界で何より絵がかわいかったのでコミックスとか買いました。カラーとかすごい細かくて色もかわいいんですよ。SABEちんのマンガはかなり下らないものが多いですが、アホさかげんが好きでした。なんかね、ブルマ萌えの人なんですよ(笑)
漫画家のプライベートの移り変わりは下世話だとは思いながらも気になっちゃいますね。前述のSABE氏といい、青木光恵といい、プライベートをエッセイマンガにしてる人多いですもんね。一条ゆかりもその昔は松苗あけみ夫妻とダブルで旅行行ったりしてたみたいだしなぁ。今はシングルライフを満喫してるみたいだけど。江口寿史の今の奥さんは水谷麻里ちゃんでしたっけ?かわいいもんなぁ。うまいことやったなぁ(笑)
安野モヨコと庵野秀明が結婚した時は驚きましたよ。そう来るか?!って感じで。オモシロそうですけどね(笑)
ああ、いつまで続くんだ。てか、2つに分けたせいで更に長くなったのかも?
んではまた!

Posted by: masami | 2004.06.06 at 10:39 PM

こんにちは〜。前後編にわたる大作レスありがとうございます!
こちらこそレスが遅くなりましてスンマセン。
Cutieは何度か買ったことありますよ〜。
年齢的にはかな〜りキツいんでしょうけど
そのころちょうどティーンズ誌の仕事をしていたんで
仕事もかねてときどき見てました。
べティーズ・ブルーのTシャツとか着てたなぁ。
今みたいなジュニアブランドじゃなかった時代。
あ、話が逸れました(^^;
私も岡崎京子の時ですわ。
安野モヨコは一度も読んだことないんです。
『ハッピーマニア』もテレビドラマで見ただけだなぁ。
それにしても庵野秀明と結婚してたのぜっぜん知りませんでした。
ものすごく違和感のある組み合わせ!
安野モヨコって、最近イラストのサインに
「ANNO」って表記してあるの見たんですが
昔からそう読むんですか? [やすの]だと思い込んでました。
モヨコってオーケンファンだったのかなぁ。珍しいネーミング。
「TO-Y」、ヒデローはイイ女ですよね。
まだとても若いんだけど。
ニヤが出てくるとほんと空気かわりましたよね。
あのころ上条淳士って二人で描いてたんですよね。
学校時代の同じサークルの女の子が女性キャラ描いてたと読んだけど
恐ろしく水準の高いサークルですよね。
上条淳士は『SEX』以来まんが仕事は見てないんですが
今も描いているのでしょうか。
ニヤは女の子ウケしますよね。はぐもそうかな。
山田さんは私の読んだとこまではまだそんなに活躍してないかも。
いじらしいけどまだ魅力全開じゃないかな。
仕事が一区切りしたので近々また漫喫いってきます♪
体型が桃苗は昔の話でどうも今は桃苗上回ってるようです。ああ。
『寄生獣』は途中までは借りて読んでました。
絵はあまり好みじゃなかったけどおもしろかったですねぇ。
リョーコきっすもとって、名前だけは覚えてますね〜。
インパクトつよっ!
なかよしのコマ漫画はあんまり覚えてないけど、
のなかのばらのは好きでした。
絵が立原あゆみとおんなじなんですよね〜。かわいかったです。
あとはもうわんころべえしか…。
なかよし買い始めたのはちょうど『スポットライト』のころなので
『モンモちゃん』も読んでるはずなんですよね〜。うーん
masamiさんに教えてもらったサイト見てみました。
ちょーなつかしー!
結構覚えてるもんですね。
別マの野呂新平とか覚えてましたよ、
1ページまんがなんだけど完全にりぼんから浮いてるの。
ネタもどうも笑えなくて、その時代の少女マンガって
もうどうしていいのか本人もわからなかったんでしょうね。
あと木内千鶴子とかねー。絵が浮いてたな〜。
浦野千賀子もドクタージュンコ描いてる頃はもう絵的にキツかったっす。
『アタックNo.1』のアニメは大好きでしたが。
別マはね、『花とゆめ』が創刊して、人気作家みんなあっち行っちゃって
一時はどうなることかと思いました。
美内すずえもこやのかずこも和田慎二も大御所みんな行っちゃって。
結局残ったのって河あきらだけで。あとはみんな若手ばかりってかんじで。
でもあれがあったから、くらもち、槙村、亜月などの
新しい別マの時代が開けたわけですよね。
大御所が君臨してたらああはならなかったなと。
でも当時は悲しかったっす。
千明初美をJUNEで見たのは、ふつうのかわいいイラストワンカットだけでした。
濃厚なイラストとかそういうのではありません。
ただ意外なトコで見たのでびっくりしただけ。
おどかしちゃったらごめんなさい。
竹宮恵子ファンの友達が毎号買ってたのでときどき借りてました。
当時はALLANてのもあって、そっちはちょっと美少年云々以外に思想入ってて
ちょっとサブカルチャーっぽいのが好きでたまに読んでました。
文通コーナーとかはもろにあっち系でちょっと恐いんですけどね(^^;)。
「当方、猫」とかそんな乗りでしたぁ。ガクガク
あさぎり夕はなかよし以後読んでいないです。
そっちいきましたかぁ。ほほ〜
巴里夫、好きでしたか! そりは失礼!!
戦争中の疎開ものとか描いてましたよねー。
お手玉にあずきとか入ってるの。
山本優子は『あの娘はダイナマイト』でハマっちゃって。
山本リンゼイちゃんが主役のドタバタで、振りつけ講座とかあるんですよね。
そのあともフィンガー5とか、ヒデキとかあったな。
『美季とアップルパイ』ははじめ星占いとアップルパイが大好き、
という設定があとでまったく出てこなくていいかげんだなーと思ったです。
もう時代は乙女ちっくに移行してたんですよね〜。
板東江利子はハマりませんでした。
元気なお茶目キャラより、
ドジでなんのとりえもない健気キャラに夢中になってたんですなぁ。
すんまへん! 私も前後編に分けさせてください。
続きはまたあとで。読んでね(^.^)

Posted by: 110 | 2004.06.10 at 05:56 PM

こんばんは〜。続きです。
前半、変なところでいっぱい改行入っちゃってて読みにくくてすみませんっ。確認押すつもりでうっかり送信してしまいました(^_^;)。
キャロル霜田はインパクトがあったのでよぅく覚えてますよ。大屋 政子みたいな顔描くなぁと思ってました(笑)。一言文字が入るんですよね。「ひ み つ」みたいな一行が。彼女はニューヨークへ行きましたよね。そのまま帰ってこなかったのかなぁ。
宝島はホント大好きで、ずいぶん影響を受けました。JICC出版局の頃ですよね。パルコのビックリハウスも大好きでした。ハウサー(笑)じゃないけど、この2誌両方好きな人とは気が合いました。サブカルチャー誌としての宝島が好きだったので、バンドブームでどんどんバンド記事がメインになってきて、文よりも写真で売りたくなったのか版型が大きくなったとき買うのをやめました。方向変換がちょっと恨めしかったですね。『バンドやろうぜ!』にまかせとけばいいのに、とか思ってました。もちろんインディーズバンドのことなど、北海道に住んでいた頃の私にはありがたい知識ではあったんだけれど、私の中では音楽も他の記事と同等の存在だったので植草甚一から受け継がれたサブカルっぽさが薄れていくのが悲しかったんですよね。なにかこう「PATIPATI』みたくなっていくのがね。どうも。もう私その頃は東京に来てたのかな? 宝島社になっての変貌はびっくりしました。版型が大きくなってからもVOW!だけ立ち読みしたりしてたし。サヨナラ、ってかんじですよね。今どうなってるのかまったく知りません。別冊宝島は何冊か持ってました。今も掘ってたら出てくるかなぁ。「メディアの作り方」っていうのを借りて読んだのが最初で、すごくおもしろかったんですよ。なんかドキドキしたなぁ、あのころの雑誌。発売日即買いでした。オリーブもかわいかったし、ananの甲田益也子はすごく素敵で、林真理子のエッセイは本当にananを後ろから読ませたし、K2デザインの流行通信はカッコよかったし、スタジオボイスは刺激的だったし、ぱふは端から端まで読んだし、ファンロードのエンサイクロペディア・ファンタニカはオタク心を満足させてくれた。今雑誌関係の仕事の片隅にいるのはその頃の影響かもしれません。現在ファッション誌だって口コミやストリートが中心で読者をリードはしないけど当時はそのパワーがあったように思います。あ〜熱く語ってすっかりまんがからはずれちゃってごめんなさい。
え〜、話をまんがに戻しまして、エッチだなぁと思うまんがを始めて好んで読んだのは『軽井沢シンドローム』だったと思います。主に校外でオタク活動をしていた私は他校の仲間が「1巻買った?」と囁きあってるのを聞いて、「何?それ?」と尋ねたのです。それまでスピリッツの存在すら知らず、別マ、ジャンプ、サンデーあたりを読んでいれば幸せだった私が初めて知った世界でした。青年誌はもっと昔『キャプテンハーロック』の付録下敷き欲しさに一度ドキドキしながら買ったことはあったけど劇画に慣れずそれっきりだったので、スピリッツの頃は適度に成長し結構ハマりました。『めぞん一刻』とか『ぼっけもん』とかやってた頃で。実際『軽シン』がおもしろかったのは2巻くらいまでと思ってるんですがそれでも扉を開けてくれた作品としてものすごく印象に残っています。それからはエッチ表現自体には抵抗なくなりました。「キャ☆」とか言うんじゃなく「ふ〜ん」ってかんじになっちゃって(笑)。まぁ成人誌に比べたらかわいいもんですけどね。
okama、HP見ました。この絵、見たことあります! すっごい上手いですね〜。めちゃめちゃかわいい〜〜〜。どうして成人誌だったのかなぁ。描きたかったのかな?
SABE、絵を見たらなるほどブルマ関連が多いですね(笑)。
青木光恵は最近見ていないです。絵がかわいかったなぁ。
一条ゆかりはいつのまに結婚して、いつのまに離婚したのか知りませんでした。松苗あけみはもともとアシスタントだったんですよね? でも一条ゆかりよりも挿し絵画家の高橋真琴の影響を色濃く感じません? 色の着け方とか花の描きかたとか。
そんなカンジです。ああ、書き終えてスッキリ。長くてごみんなさい。

Posted by: 110 | 2004.06.11 at 05:35 AM

こんばんは!毎度長編レスありがとうございます。
お忙しいなら無理せずゆっくりいいですよん。て言いながら毎回楽しみにしてるんですけどね(笑)
110さん雑誌の編集の仕事されてるんですね。そうじゃないかな〜と思ってました。ティーンズ雑誌の仕事とか楽しそうですね〜。Cutie!は、最初宝島のStreet Kidsの増刊号だったんですよ。初めは宝島(大きい時の)と同じサイズでした。根本聖子ちゃんが表紙で。ヴィヴィアンばっかりでしたね、最初の頃は。日本にちょうど入って来た頃で。私もあのイラストみたいなカッコばかりしてたから、ヒスグラの服とか多かったですよ。その頃は今みたいなお姉ちゃん柄のピターッとしたTシャツとかじゃなくて、もっとボーイズっぽいイメージでしたね。リキテンシュタイン柄のTシャツとか。未だに持ってます(笑)BETTY'S BLUEは、買ったことなかったなあ。気にはなってたけど。HYSとか45RPMとかHRMが多かったです。男の子みたいなカッコが好きだったのかも。デカイしね(笑)168センチあるんですよ。
はっ、話逸れすぎ!(^^;
岡崎京子なら「ROCK」の頃かな?あれはキャラがみんな手塚さんのキャラの名前だったから楽しかったなー。ロック、アトム、メルモ、サファイア…
ロックは愛すべき悪役!って岡崎さんが言ってたけど確かに!って感じです。「バンパイア」好きだったんですよねー。
安野モヨコ「ハッピーマニア」面白いですよ。シゲタカヨコのキャラが何とも言えずいいです。バカで(笑)他のは実はあんまり読んだことないんですけどね(^^;「花とみつばち」は読んだか。安野は「あんの」ですよ。初めはフレンドだったみたいなんですよね。その頃から「あんの」でした。大槻さんファンじゃなく、夢野久作「ドグラマグラ」からとったみたいです。大槻さんもそうなのかもしんないですね(笑)でも安野モヨコかなりあの時代のインディーズとか好きだったみたいですよ。バンドもやってたみたい。クドカンの対談本があるんですけど(妄想中学なんたらっていう)その中でクドカンと安野モヨコ、ロックの話でめちゃめちゃ盛り上がってました。
他のメンツも面白いのであの本はオススメです。(的場浩司、相田翔子、阿部サダヲ、みちろうなどなど)
上條淳士は、最近も描いてるみたいですよ。私も「Sex」までしか買ってないけど。新刊が出ているようです。題名何だったかな〜。でも、友人が読んだみたいで日記に「面白くなかった」って書いてたから買うのやめました(笑)
「寄生獣」は私も絵は好みじゃなかったけど、最後まで一気読みしました。結構最後の方感動しますよ。泣いたかも(笑)でもあの最初の犠牲者のシーンは忘れられないですね。インパクトあって。
「モンモちゃん」は、結構後の方だったみたいです。もう110さん読んでない頃かも。里中満智子が「あかね雲」とか描いてた頃です。調べたらその頃だった…
私がもう「りぼん」に移って「なかよし」は妹が買ってた頃かも。
別マ→花とゆめは、まだちっちゃかったみたいで記憶にないですねー。でも美内すずえとか柴田昌弘とか和田慎二とか確かに昔のマンガはマーガレットコミックスでしたよね。そうだったんだぁ。なんで「紅い牙」は最初の頃マーガレットで途中から「花とゆめ」なんだろうって思ってたんですよ。成る程ねぇ。
河あきらは「いらかの波」好きでしたよ。ひょうひょうとしてる渡のキャラが。脇キャラも魅力的な人多かったですね。先生とか。隣の生徒会長とか。
JUNEは、知ってたけどALLANは初めて聞きました。面白そうですね。「当方、猫」っていいなあ(笑)
霜田恵美子はキャロル霜田でしたっけ?忘れてるなあ、ヤバイヤバイ。あとスージィ甘金も好きだったなぁ。彼はまだ活躍してますね。いつだったか、ananかCREAか忘れたけど、ペット写真でTシャツを作ろう!みたいな企画をやってました。スージーさんも犬飼ってるみたいでした。チワワだったかな?
宝島そうそう!JICC出版局です。ビックリハウスは買ってなかったんですよ。田舎だから売ってなかったのかも…(離島だったんで。北海道で言えば礼文島?みたいな)でも御教訓カレンダーは好きで毎年買ってました(笑)
私は最初バンド目当てで宝島買い始めたけど、サブカルチャー方面確かに好きでしたねー。こんな世界あるんだ!って高校に入ったばかりの私にはかなり刺激的な世界でした。まわりの友達は「また変な雑誌買ってるよ…」って感じだったけど。
あ、藤原カムイのマンガも好きでした。「至福千年」だったかな?懐かしいなー。VOWでやってた4コマも楽しみでしたね。しりあがりさんのが個人的には好きでした。相原コージも描いてたっけ。あとなんきんとかね。
大きくなってしばらく買ってたけど、宝島社になってからは確かに買ったことなかったですね。だってH本になっちゃったもんなぁ。前大槻さんが対談で冴島奈緒(AV女優)を呼んだりしてたのが、逆になってたりして。悲しかったですねー。こんなんなっちゃって…って。バンドやろうぜ!は、当時アンジーに狂ってたから時々買ってました(^^;
ホント、あの頃の雑誌は面白かったですよね。高校生でお金なかったからたくさんは買えなかったけど別マ、宝島、Oliveは必ず買ってました。あとセブンティーンとかも買ってたなぁ。ミーハーだったから(笑)
甲田益也子はホント素敵でしたね。なんていうか透明感がある感じ?dip in the poolも興味あったけどちゃんと聴いたことはなかったなぁ。Oliveの読者モデルだった栗尾美恵子ちゃんも当時それはそれは可愛かったんですけどねぇ。今は教育ママ?になっちゃったみたいですね(笑)
流行通信とかスタジオボイスはカッコイイ雑誌だなーと思ってたけど、お金がなくて立ち読みしてました(笑)音楽雑誌のRock'in onとかDOLLもね。
高校時代はロック、ファッション、雑貨、そして恋愛(笑)に夢中だったんで、マンガは雑誌でしか読んでなかったなぁ。別マとかフレンドとかね。いくえみ綾とかTO-Yはコミックス買ってたけど。
「軽井沢シンドローム」は読んだことないなぁ。スピリッツは、短大の頃に同級生のたまり場のアパートにあったからよく読んでました。その頃は「コージ苑」とかやってる頃ですね。「いまどきのこども」とか。
「ぼっけもん」は読んだ事あります(笑)なぜか、高校時代同じクラスだった男の子が貸してくれました。あとかわぐちかいじの「やぶれかぶれ」も貸してくれたなぁ。麻雀全然わかんないのに読んでました。
OKAMAさんの絵、かわいいでしょ?公式ページあったんですね〜。しらんかった(笑)結構Hなの描いてましたよ。でも快楽天のコミックスって成人コミックじゃないんですよ。なんでだろ??きわどいの結構ありましたけどね。玉置勉強っていう人も絵が好きでたまにコミックス買ってました。OKAMAさんはその後エッチじゃないのも描いてました。イラスト集が密かに欲しいんですよね〜。
青木光恵は相変わらずな感じですよ。巨乳好き!(笑)今は子育てしながらHマンガ描いててタフだなぁ…と思います。一条ゆかりは有閑倶楽部の途中の巻で「結婚しました!」と書いてあったんですよ。でもその後いつの間にか独身に戻ってた…
松苗あけみはアシスタントだったんですかー。全然影響受けてないですね(笑)
安野モヨコは岡崎京子の元アシスタントでしたよ。こっちは色濃く影響受けてますね(笑)
松苗あけみ、確かに高橋真琴っぽいですね。こまかーい背景とか色とか、スゴイなあと思います。高橋真琴のぬりえとか好きだったなー。

ああ、また長くなった〜。では!

Posted by: masami | 2004.06.13 at 02:19 AM

こんにちは〜。なんとなく自分とこのブログより熱意をかけて書きまくり暑苦しいこと極まりないカンジですがお許しを(笑)。
編集じゃないのです、私。エディトリアル中心にデザインの仕事をしています。画力がないので個性勝負のイラストレーターってのもいいわね、ヘタウマならごまかし効くかも? と思ってたんですが(大きな間違い)、個性もないのでイラストレーターも断念、それならすばらしいイラストレーターを発掘したり、起用してかっこいいもの作る側の人になろうと思ってデザイナーになりました。今のとこかっこいい仕事は全然してません(^^;)。こんなはずじゃなかった…。
masamiさんはナゴギャでしたか(笑)。懐かしいなぁ。私もセーラーカラーの服、大好きでしたよ! 持ってた持ってた。そーそー、ジーンズはシカゴで2800円で買った501で裾ロールアップしてね。マーチンの8ホールが欲しくて、でも高くて買えなくて、へんちくりんな靴履いてました。ヴィヴィアンは高くてね〜。セールでもまったく手が出ない。今でもセールを覗いたりしますが買えるのはハンカチかストッキングくらいです。全然似合わないしなぁ。キューティ創刊したころは東京で貧乏生活に入ってたのでほとんどDC系はもう買えなくて。その頃友達と4人で住んでたのですが私以外アパレル系の友人だったので、CAN TWOに勤めてた友人からオトナも着れそうなのを社販で譲ってもらったり、SLAP SHOTの販売やってた友達から安く売ってもらったりしてました。KANGOLのハンチングやベレーかぶってね。貧乏だったな〜〜。HRMとか素朴な素材の割に高いんだもん。今もユニクロでTシャツ買うくらいだからそんなに変わらないですが。東京に出る前は私はPARSON'Sが大好きで、ヒスグラ、オゾンも好きでしたが、主に45やSCOOP、D GRACEとかPAGE BOY、DO!FAMILYやニコルクラブってとこでした。年齢的には十分Y'sやギャルソンなんですけどね。そういうのは「お姉さんブランドでおしゃれ上級生!」ってかんじで敷居が高かったですね。ダハハオリーブ…。
私もボーイッシュなカッコが好きだったんですけど少年体型とは程遠く、チビデブなので何着てもダメでした。着こなしのセンスもないし。長身はうらやましいです。
で、まんがの話(笑)。ロックは私も大好き。『バンパイヤ』はつい最近(2年くらい前?)読んだんですがおもしろかったなぁ。『メトロポリス』というアニメの中でもロックが一番いい味出してました。
安野モヨコは『ドグラマグラ』ですか。なんとなーく庵野秀明との接点が見えてきたような。クドカンの本、探してみますね。
『寄生獣』は最後の方に感動があるのですね。やはりストーリー物は最後まで読まなくちゃいかんですね。気持ち悪いなぁ〜って印象でしたけども。ミギーとのやりとりがなんかおもしろくてね。
里中満智子の『あかね雲』は記憶にないです。たぶん『ミスターレディ』はおしまいまで読んだんですが、なかよしやめたのはそのあたりだったかな。キャンディが看護婦さんになった頃でした。
私も『いらかの波』大好きでした。生徒会長、顔はいいのに性格悪くておもしろかったですよね。河あきらはシリアスなものよりコメディが好きで。
ALLANはボーイズ好きの女の子向けに、游とかnoiseとかFOOLS MATEとかミックスしたような…。戸川純と稲垣足穂が好きな、人から変わってるって言われるのがスキなワタシ、みたいな人が読む本でしたよ。
スージーさん好きでした〜。最近仕事の関係資料で『ZAI』っていう株雑誌を見たんですがスージーさんとか加藤裕將さんとかホイチョイの人とか80年代若者雑誌で活躍されてた方がいっぱい仕事されていて、あの世代も株をやる年頃になったのね〜と感慨深いものがありました。『至福千年』は私も大好きで、後に単行本を見つけて買いました。カラーできれいなんですよね。宝島のまんがで好きだったのは広告だけど『啓蒙かまぼこ新聞』のてっちゃんとパパのコマまんがです。中島らもやわかぎえふが描いてて後に鮫肌文殊という、豪華さでした。なんきんはタンバリンマンが最高でした。最近ワハハ本舗に参加してるみたいですね。辞めちゃったのかと思ってたけど。内田春菊のシーラカンス4コマや蛭子さんの不条理4コマも好きでしたねー。安西水丸さんも描いてたっけな〜。すごいメンツ。ってかガロ?
masamiさんアンジー好きなんですよね。聴いたことがある、程度なのが残念です。私そのころブルーハーツだったです。でもライブには行ってないんですよね。とほ
セブンティーンは中学のときよく買ってました。赤星たみこが『あなたのナニをえぐっちゃう!』とか描いてた頃ですがプチセブンで『ハイティーン・ブギ』が人気の頃だからmasamiさんの時代とはずれていますよね。ギャルズライフとか創刊したのもこの頃。
栗尾美恵子さんの出てるOlive、多分持ってます。ご結婚した頃見つけておもしろくてとっておきました(笑)。
北海道にいたころはMUSIC LIFEとかよく見ていましたが(友達に借りてだけど)東京に来てからは音楽誌買ってないなぁ。バァフアウト!が創刊したころはよく買っていました。いわゆる渋谷系が流行った頃だからすいぶん後になってからですね。
流行通信もスタジオボイスも立ち読みでした(笑)。スタジオボイスは版型がデカくなってからよく買うようになりましたが最近はあんまり買いません。飽きたのかな。
スピリッツ、『コージ苑』も『いまどきのこども』も大好きで持ってます。あと『伝染るんです』と。祖父江慎さんの装丁がすごくいいんですよね〜。
青木光恵はエッチなの読んだことないんですよ。ピンクハウスが好き、みたいな生活エッセイ風のものしか。私はまったく面識がないけど友達が友達づきあいしてたのと絵もかわいいので印象は強いです。そーか巨乳好きなのか…。
安野モヨコは岡崎京子の元アシですか。初耳です。世の中には知らないことがいっぱいだぁ。


Posted by: 110 | 2004.06.13 at 09:38 PM

こんばんは!熱意ならお互いさまですよ(笑)110さんのコメントがついた瞬間キタ━━━━━(゚ ∀゚ )━━━━━!!!!!な感じですもん。
110さん編集じゃなくてデザインの方なんですね。失礼しました。イラストレーター発掘か〜、カッコイイですね!じゃあ、私のいた同人もどき(笑)の会長さんもご存じかもしれないですね。ホン多さんというんですが…聞いたことあります?
私も雑誌とかデザインとかそっち方面の仕事がしたかったんですけどね…前に1回就職した広告代理店が、小さい会社だったんですが社長が校正なんか全部社員まかせで(私は制作でした)そのくせ間違いには厳しいという…締め切り前なんかバタバタで、あそこ間違ってたかも!と思うとストレスで胃が痛くなったりしてたんですよ。それから印刷物はもういい…と思うようになってしまいました。
きちんとした会社ならまたデザイン関係の仕事したいな、と思うんですけどね。
えーと、ナゴギャだったわけではないんですよ(笑)高校時代有頂天好きだったけどライブは未経験のままだし、筋少は何回かライブに行ったけどハードロックの方向に行ってからは違う…と思って行かなくなっちゃったし。あとはミン&クリナメンくらいですかね。どっちかっていうと、アンジー、ブルーハーツ、ボガンボスって感じでした。服装がね、ナゴギャ風だったのかなあと。古着、ヒスグラ、DEP'T、ラグタイムカウボーイ…そうそう、靴下見せてジーンズロールアップするんですよね。派手な靴下を見せるのが楽しかったなあ。お気に入りはグリーン地に色とりどりのスマイルマークがある靴下でした。ふざけてるでしょ(笑)マーチンやGeorge Coxのラバーは短大生の私には高かったのでもちろんローンですよ(笑)ヴィヴィアンも高かったですね〜。(今も高いけど…RED LABELができてから比較的手に入りやすくなりました)どうしても欲しくてバイトしたりしてました。KANGOLの帽子!持ってましたよ〜。私も。アンジーの野音で東京に行った時六本木のクラブに被っていったっけ(笑)なつかしー。ピカソとか全盛期の頃です。
PERSON'S、私も高校の頃好きでしたよ〜。Oliveの裏表紙に飯田淳さんがイラスト描いてた頃ですね。オーバーオールとか持ってたなぁ。あと、最近はなくなっちゃったけどPERSON'Sの兄弟ブランドBLUE ON PINK とかBLUE POOL ROADも好きでした。なくなっちゃったブランドいっぱいありますよね。BASSOとかも好きだったんだけどなー。DO!FAMILYとPAGE BOYもモチロン好きでした。DO!は、入門ブランドって感じでしたよね。Y's、ギャルソンは私もカッコイイ!と憧れてましたが、お値段もカッコイイ!ので、何枚かしか持ってません。Y'sbis WORKSHPっていうのも好きだったけど、なくなっちゃいましたね。私は大きいので、そっち系の服がサイズは良かったんですけどね。ちなみに当時(から、今も)仲良しのサバイバーHは、私より20センチ低くてデコボココンビと呼ばれていました。彼女はめちゃめちゃオシャレで、それこそギャルソンとか着たかったみたいですが、「舞踏会になるから着れない〜」と言ってましたよ。私の服とか着て舞踏会ごっこやってました(笑)私はATSUKIの服とかかわいくて好きだったんだけど、短くて着れない!お互いないものねだりでしたね〜。
マンガに戻してっと(笑)手塚さん作品はやっぱり名作揃いですね。今読んでもめちゃめちゃ面白いし。「メトロポリス」は、見てないんですが相方が「たぶんビデオ録ったからあるよ」と言ってたんで探して見ますね。
クドカンの本は面白いですよ。刑事ヨロシクの話とかもしてて。こないだ言ったメンツに、ミッチーもいました(笑)あと羽生名人とか。みんなクドカンと同級生ばかりみたいです。
スージーさんも「至福千年」も、やっぱりツボは同じ!ですね(笑)私も「至福千年」はコミックス買いましたよ。ハードカバーで立派な装丁ですよね。「かまぼこ新聞」なつかしい!(笑)てっちゃん!わがきえふも描いてたんですね。中島らもしか記憶にないなぁ。
なんきんのタンバリンマン、思い出しました(笑)去って行く後ろ姿が好きだったなあ。あの頃の4コマはシュールなものが多かったですね。オチがあるようなないような。
ブルーハーツ私も好きでしたよ〜!といっても2枚目までしかちゃんと聴いてないんですが(^^;1stアルバムがやっぱり超名盤ですね!「少年の詩」が大好きです。
セブンティーンの「えぐり」懐かしい!姉が買ってた頃やってましたよ。私の頃はタッチの差で終わって、カトリーヌあやこが描き始めたんですけどね。「ハイティーン・ブギ」も好きだったなぁ。イラスト集とか持ってましたよ(笑)ついでに白状すると、杉本哲太の歌う「On the machine(翔と桃子のロックンロール)」も持ってました(爆)マッチも好きだったしねえ。ミーハーなんですよ。ギャルズライフも姉が買ってましたよ。なんか覚えてるのが山岸涼子のエッセイマンガ。自分は甘いもの苦手なのに家族はみんなすさまじい甘党で…という話でした。ちょっとエッチな記事もあったので、当時小学生だった私はドキドキしながら盗み読みしてましたね(笑)
「コージ苑」、私も持ってますよ〜。3巻とも(笑)便所仮面ネタとか未だにやっちゃうんですよね。「ふはははは」とか言って。やっぱ面白いですよね。あの頃の相原コージは結構買ってたなあ。文化人類ぎゃぐとか。でも父親に読まれて、「こんなマンガ読むな」とか言われたっけ(^^;親としてはショックかもねぇ。
祖父江さんの装丁は素敵なものが多いですね。さくらももこのエッセイもほとんど祖父江さんですよね。センスいいなーと思います。
青木光恵は最近出たエッセイものが、下ネタばっかりでビックリしました(笑)子供生まれたのにこうなんか!と思って。普通のマンガもHなの描いてますよ。最近のは「スゥイート・デリシャス」かな。
安野モヨコは岡崎京子の「UNTITLED」が出た時に装丁とかやってたんですよ。確かそれに「元アシのよしみでやらせてもらいました」とか書いてたような。CUTIEで後を引き継いだのもその流れがあったからかもしれないですね。

Posted by: masami | 2004.06.15 at 12:59 AM

こんにちは。レスがちと遅れました。すんまへんっ。
ホン多さんとはツグヲ・ホン多さん? ごめんなさい、存じ上げなかったのでカンニングしちゃいました。女性誌向きなおしゃれな絵ですね。見たことあると思いますよ。お仕事ご一緒したことはないですが。最近イラストレーターさんを選ばせてもらえるような仕事してないなぁ。下手するとイラストも原稿もできていて、レイアウトよろしくね、みたいなのが多いです。それってデザイナーというよりレイアウターなのでわ…という落胆もありますが食うため仕事選んではいられないのでとりあえず「喜んで!」と受けています(^^;)。
校正は私も大嫌いです。この業界、エディトリアルより広告のほうが偉い、みたいな身分制度が何となくあると思うんですが校正のこと考えるとエディトリアルでよかった〜と思いますね。「て に お は」までデザイナーが修正することもあるけど校正はあくまでもエディターの責任なのでこっちが直し忘れても最後まで確認怠らないでくれますからね〜。広告やってる会社に居たこともあったけど社員みんなで回し見て校正してました。
デザイン関係の仕事は楽しいけどきちんとした職場ってあんまりないですよね。未だに健康保険も雇用保険もない、なんて会社がザラですからね〜。サービス残業も徹夜もあたりまえだし。
有頂天は私もなんかいいなぁと思ってましたよ。でもデビュー曲しか知らないんだけど…。解散したころかな? ナイロン始めた頃かな、恵比寿でケラさん何度か見かけたんですが頭が大きくてビックリしました。最近のケラさん見てももう何も驚くことはありません。ミン&クリナメンっていましたね! 曲とか全然知らないんですけど。なんかホントに宝島情報の世界で、筋少とか電気グルーヴとかたまとかメジャーデビューした人たちしかわからなくて空手バカボンとか人生も聴いてみたいなーと思ってました。ばちかぶりやカステラはラジオなんかで聴いたことがあったかも。変な名前のバンド多かったでしょ? 木魚とかミンカパノピカとか。気になりますわねぇ。とにかくそのへん、興味のある友人もいなかったので通販に手を出すまでは踏み込めなかったんですよね。町蔵とラフィン聴いてる友達が居たくらいかな。「なんかかっこいいな〜」って眺めてるかんじでした。そして東京出てきたらデビュー直前のブルーハーツファンと仲良くなっていろいろテープもらって聴いてたんです。『人に優しく』が大好きで合唱してました。「がんばれー!」って飛び跳ねて。ライブ行っておけばよかったなー。そのころのナゴギャの私の印象はVIVA YOUのワンピにオーバーニーソックス、おでこ靴で顔は色白、太眉に赤い口紅、左右の耳の上でシニョン作って思いつめた顔で「カリフラワーって強い?」とかつぶやいてみたりする不思議ちゃんってかんじだったです。その割にライブでは完全にいっちゃうみたいな。ちょっとそういうのいいなー、あっち行きたいなと思ってたんですが無理でした(笑)。そういうのってナゴギャというよりたまのファンかなぁ? あの頃はソックスに凝りましたよねぇ。私も派手なソックス履いてたな〜〜〜。スマイルは持ってなかったけど(^o^)。
アンジー観に野音まで来たんですかー。ピカソ全盛というとやはり私が東京出てきた頃かな。ピテカンがなくなってツバキハウスがなくなる少し前ってかんじかな?六本木インクスティックにスカパラが出てた頃…かな。
Oliveの裏表紙の飯田淳さんのイラスト大好きでした。椅子の大判ポスターもらって部屋の天井に貼ってました。BLUE ON PINK とかBLUE POOL ROADももちろん好きでしたよ。シンプルで着やすかったし。BASSOかわいかったですよね。DCブームが終わる頃たくさんのブランドがなくなって寂しいものを感じましたね。Y'sは高校生の頃、23歳くらいになったらこれが似合うオトナになっていようと密かに目論んでいたんですが駄目でしたねー。23になっても相変わらずジーパンばっかり履いてて。Y's bisのスーツ、今もタンスの奥に未練がましくとってあるけど着る機会あんまりなかったです。ATSUKI ONISHIはソックスだけ持ってたっス。かわいくてお気に入りで、かかとが抜けるまで履きました。
うひーっっ!マンガの話する前にこんなに長くなっちゃって…。
『メトロポリス』絵がきれいでなかなかですが、良くも悪くも大友テイスト満載です。『AKIRA』の鉄雄思い出しちゃったっす〜。
クドカンの本、見てみますね。ミッチーも好きだし。クドカンの年齢って有名人の当たり年なんですねー。私と同い年の有名人ってすごく少ないんですよね。そういうのってあるみたいですね、なんとなく。
セブンティーンのカトリーヌあやこの頃はもう仕事してました。かわいい絵なのに結構似てて感心してました。似顔絵って多分本人がイヤなとこを誇張しがちでしょ? だからかわいく描くのって難しいと思うんですよね。だから似顔絵がかわいいと思うのはカトと南伸坊くらいですわ。『ハイブギ』好きでした? すっごい流行りましたよね。私は少コミ時代牧野和子の大ファンだったので結構ハードな内容に驚きつつも読んでましたね〜。7巻くらいまで読んだかな? その後も気になってプチセブン立ち読みしてたんだけど最後どうなったのかは知りません。幸せになれたのかしらん。杉本哲太の歌は覚えてないなぁ(笑)。マッチの『ハイティーン・ブギ』はよく覚えてますよ。あれは良質の歌謡曲! 松本隆&達郎ですよね? マッチの中では一番好きです。ギャルズライフに山岸涼子がエッセイマンガを? なんとなく雑誌のカラーに合いませんね。でもギャルズライフも創刊当初は後で国会で槍玉に上がった頃に比べると全然おとなしかったですけどね。
「コージ苑」の便所仮面ネタってちょっと思い出せないです。どんなんだったかな??? ちくわ女とかよく覚えてるんですけども。『文化人類ぎゃぐ』もおもしろかったけどお父さんに見られたくなかったですね(笑)。
祖父江さんてまんが家がらみのお仕事が多いですよね。あんなふうに自由な発想で(制約はあるにせよ)仕事できたら楽しいだろうなと思います。
安野モヨコは装丁もやったんですね。すごいですね。安野モヨコ読んでみよう。

Posted by: 110 | 2004.06.19 at 06:22 PM

こんばんは!生コメントもしたけどやっぱりこっちも(笑)
ツグヲ・ホン多さん正解です!昔はいくえみ色のめちゃめちゃ濃ゆいマンガを描いてらっしゃったんですが、東京に行かれてからはイラスト1本になったみたいです。初めの頃は「fineboys」によく描かれてました。今は女性誌が多いですね。たまに買った雑誌で見かけたりするとなんか嬉しいんですよね♪
校正、やですよね〜。私たちも小さい会社なので社員2人でいつも読み合わせしてたんですが…締め切りギリギリになるとその時間すらとれなくなるんですよね。なのにギリギリまで仕事とってくる社長だったからなぁ。そしてあとは社員まかせ…未だにあんな仕事のやり方してるんだろうか。社員が少なくて病気にもなれなかったし、ワンマン社長の会社の見本みたいでした。ああ、愚痴ばっかりになるからやめよっと(^^;
有頂天はチューリップの「心の旅」のカバーが好きで、少しハマりました。なんかリズミカルで面白い歌詞の歌が多かったですね。「シュルシュルシュール」とか「ピノキヲ」とか。「ピノキヲ」の歌詞なんて

♪ゲルピンゲルピンゲルピンだよ フンジャカフンジャカフンジャカだよ ヘアスタイルだ!

とか、そんな感じで(笑)
メジャーデビューのアルバムまで買ったんですが、やっぱインディーズの頃の方が好きだったみたいで聴かなくなっちゃいましたね。
88年くらいにケラが秋元康と組んでソロアルバムを出したんですが、アレは面白くて結構好きでした。なんかのパロディ?みたいな曲ばっかりで(笑)ケラは未だにナイロン100%でがんばってますね。
ミンは福岡出身の女の子なんですよ。んで、短大の頃クラスにミンの親衛隊長やってる女の子がいたんです。なので、何度かライブを見に行きました。戸川純ちゃんがもうちょっと明るくなった感じかなぁ。その頃クリナメンでベースを弾いてた調(しらべ)さんは、今ハイロウズなんですよ。ハイロウズが出て来た時ビックリしたなぁ。
空手バカボンはケラと大槻さんのユニットで、おもろい歌盛りだくさんでした。たぶん冗談で始めたバンドなんで、歌も冗談みたいな歌ばっかりでしたよ。ユリ・徹・ゲラーが出て来たり(笑)あと「中央線ヤクザブルース」とか。ああ、あのヘンはレコードかテープしかないのがツライんですよね。車で聴けないし。
人生は聴いたことなかったですね。ピエール瀧は好きなんだけどな。
カステラは最初の頃好きでした。「ビデオ買って!」とか歌ってる頃。ライブには行ったことないです。どっちかっていうと双子の兄ちゃんのハル(こちらはピーズ)の方が好きでしたね。
ナゴムの通販は何度か利用しましたよ。なんせ田舎暮らしなんで(笑)福岡まで行けばインディーズ専門店もあったんですけどね。ケラや有頂天のピクチャーレコードとか買ったなぁ。あと、スターリンのアルバムも通販で買ったっけ。写真集とか(笑)
ブルーハーツは私も「人にやさしく」好きでしたよ〜。こんなパンクもアリなんだ!とビックリしました。ライブは3回くらいしか行ってないけど楽しかったですよ〜。飛び跳ねるのがやっぱ楽しかったですね。それはアンジーにも共通しますが。未だにアンジー再結成ライブがあったら飛び跳ねちゃいますね。そして翌々日くらいに筋肉痛になるという情けない現実(笑)
ナゴギャのイメージわかります!(笑)当時のGO-BANGSがそんな雰囲気じゃなかったです?ミンの親衛隊長やってた友人もそんな感じでしたね〜。いつも一点を見つめてる感じで。バンドやってて、ライブの時は楽器壊したりしてましたが。
アンジー東京に見に行ったのは89年くらいですね。宝島に藤原ヒロシくんがよく載ったりしてた頃かな?六本木で、なんだっけな〜、名前忘れたけどピカソじゃないのうちょっとマニアックなクラブに行きました。んで、そのあと渋谷まで歩いたんですけどね(笑)
大人になったらY'sが似合うように…めちゃめちゃわかります〜。私も今頃もっと大人っぽくなってる予定でしたよ(笑)こないだ友人とお茶しながら、隣のテーブルのカッコイイお姉さんを見て「ねーねー、あたしたちさー、こんな大人になれるって信じてなかった?」って話してました。どうみても隣の彼女の方が年下なんですけどね(笑)
ATSUKI ONISHIは、服は小さめで着れないから、SLEEPINGで毛布を買って喜んでました(笑)トランプ柄なの。未だに持ってます〜。
なんか、マンガの話がついでみたいになってきましたね…
クドカンの本、「妄想中学、ただいま放課後」でした。あと「私のワインは体から出てくるの」も面白かったですよ。
あの年は芸能人当たり年?イヤイヤ110さんの年も私からしたら当たり年ですよ〜。まず私が初めてハマったアイドル、マッチでしょ?そして、私が本気で結婚したかったアンジーのギター、ブースカもですよ。
他にもレピッシュもそれくらいだし…バンドブームのバンドマンたちはそのくらいの年齢だったような気がします。
カトリーヌあやこの似顔絵は私も感心してました。そして筋金入りのミーハーですよね(笑)時々描くストーリーマンガにはBL系の空気が漂ってたような気もしますが…
「ハイブギ」大好きでしたよ〜。当時つきあってた彼氏と二人でハマってました(笑)当時中学生だったんで、ああいうの憧れだったんですよね。牧野和子は最初「チョコ姫」というギャグ漫画を読みました。しかも「小学一年生」(笑)コミックは読んでなかったですが、「スキニー」とかですよね?やせっぽちの。なんか覚えてます。でも昔からツッパリものは多かったですよね。「ハイブギ」買うのは私も途中でやめちゃったんで最後はBOOK OFFで立ち読みしましたね(笑)ハッピーエンドでしたよ。マッチの「ハイティーン・ブギ」は名曲ですよね。山下達郎ってもっと穏やか〜なイメージって思ってたんで、こんな曲も書くんだ〜って衝撃を受けました。松本隆も全盛期ですよね。
ギャルズライフより遅れてポップティーンも出ましたよね。私が高校の頃はもうギャルズライフはなかったのかな?ポップティーンをたまに買ってました。岡崎京子とかイラスト描いてましたよ。
「コージ苑」の便所仮面はあった時に説明しようと思ってたのに忘れてました〜(笑)いつもトイレにいる人を「ふははははは」と現れて驚かすんですが、実はその正体はポエム大好きの「ノア」だったという…結構好きだったんですよね。ノア(笑)ちくわ女やおぼん小僧はもちろんお約束キャラでしたね〜。最近描いてるのかな?相原コージ。

Posted by: masami | 2004.06.27 at 03:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ワイン到着! | Main | Greengooプチ祭り »