« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.31

小春と布団

koharuhuton.jpg

TVで映画「黄泉がえり」があっていたので、小春と弥七がバタバタ暴れ回ってるのを横目に2人で見ていた。
映画は思ったより引き込まれる感じで、物語は佳境に入って来た頃2匹があんまり静かだからチラリと見てみると、弥七がベッドの上にいて、布団カバーをカジカジしていた。
もう既にファスナーは壊れてボロボロなのだが、しつけとして見過ごすわけにはいかない。

私「こら弥七!噛んだらダメ!」

私「…あれ?小春は?」

相方「ん?おらんね。ベッドの下じゃない?」

私「あ、そうかもね」

小春は昔からベッドの下に潜り込むクセがあった。狭いから落ち着くのだろうか。ベッドはマットレスに短い足がついたタイプで、ベッド下はあまり高さがないが車高短犬なので今でも入れるようだ。ただ最近は、昔に比べて大きくなってしまったので出づらくなったようだ。

それにしても静かだ。

私「小春ちゃん?出ておいで」

相方「小春〜。おいで〜」

ん??

相方「今布団動かんかった?」

あ、布団に入ってるのか。と、めくってみたが、いない。と思ったら不自然な動き。
よく見たら小春は布団の中にいた。中といっても本当の中だ。布団カバーのチャックの壊れた部分から入ってしまい、進んだはいいが、行き止まってしまい、出られなくなったようである。
おそらくしばらくは出ようと試みて暴れたのだろうが、私たちが気づいた時はすっかり諦めておとなーしくなっていたのだ。布団カバーごしに頭を撫でたり、マズルを持ったりしてみたのだがノーリアクション。そのしおしおぶりが楽しくてしばらく助けずにビデオとか録って遊んでしまった。ごめんよ小春…
その後、ファスナー側から覗き込んで誘導してあげたら、「そこかー!」といった感じで飛び出してきた。よかったねえ、助かって…

| | Comments (0)

2004.03.30

コーヒーロール

coffeeroll.jpg

先日シナモンロールを作ったが、シナモンは好き嫌いが激しいので今度はコーヒーロールにチャレンジ。
なんかいろんなレシピを組み合わせて好き勝手に作ってみただけだけど。
でも、コーヒーの味があんまりしなかった。コーヒーロールの意味なし。足りなかったのか?
上に振ってある白いのは「あられ糖」。ワッフルとか焼く時に上から振ったらカリカリになるらしいので振ってみたら、とけなかった(笑)あり?直接熱を加えないとダメみたいだ。失敗失敗。

一応レシピをアップしとこうかな。自分のためにも(笑)

<生地>
ドライイースト…小さじ2
砂糖…40g
塩…5g
強力粉…300g
バター…40g
卵…1個
水…大さじ2
牛乳…1/2カップ(100cc)
<コーヒーペースト>
インスタントコーヒー…大さじ3(増やしてみた)
グラニュー糖…100g
水…大さじ2

レギュラーコーヒー…大さじ1
バター…少々
ブラウンシュガー…適宜(こっちのがよさげ)
くるみ…適宜
強力粉(打ち粉用)…適宜

1.生地の材料を上から順に入れてホームベーカリーで生地作りコースを選ぶ。
2.出来上がりを待つ…

3.生地ができあがったら丸めてラップに包み、10分待つ。
4.打ち粉をしてめん棒で延ばす。なるべく四角くなるように。大きさは20×30くらい。
5.バターを表面に塗り、コーヒーペーストを塗る。上からレギュラーコーヒー、粗く刻んだくるみを振る。
6.長い方を横にしてくるくる巻いて端を閉じ、16等分にしてそれぞれアルミカップに入れる。
7.ラップしてさらに10分待つ。上からブラウンシュガーを振り、180℃のオーブンで20分焼く。

できあがり!

上の材料でこれくらいできます。








coffeeroll2.jpg





また作り過ぎだし…



| | Comments (0)

2004.03.29

木更津キャッツアイ制覇

本編をとびとびでしか見ていなかったので、まとめて見ようと思っていた「木更津キャッツアイ」。
レンタル中が多くなかなかgetできなかったが、映画人気も落ち着いたのかやっと最後まで見ることができた。
いやあ面白かった。以前と違ってグループ魂を聴いたりクドカンの本を読んだりしているので、小さなネタがわかって更に面白い。このドラマの鍵はなんといってもウッチーとお父さんだろう。岡田くんがあんなにいいキャラだって今回初めて知った気がする…小日向父さんの公平モノマネもいい味出してたし。
うっちー一家が英語でしゃべってたのもおかしかったなー。しかもいっけいだし。いっけい、ゴリエにも出演するしなんかいろいろやってるなあ。
クドカンドラマはゲスト出演者も楽しみの1つだ。IWGPも村杉蝉之介氏(バイトくん)や、洋七、洋八、クレイジーケンバンドなど楽しいゲストがめじろ押しだった。
木更津も然りで哀川翔、スチャダラパー、ピエール瀧、YOUなどツボをついたゲストが出るたびにオオ!って感じで楽しかった。日本シリーズがDVDになるのは4月下旬。早く見たいなあ。

| | Comments (2)

2004.03.28

いちごタルト

昨日のお花見で残ったいちごをたくさんもらったので、苺タルトを作ることにした。
…というか、苺を「もーらい!」と貰ったときに、すかさず
「あ、何か作ってきてねー」と言われたからだ。

作り始めが遅かったため、できあがったのは12時すぎ。
しかも生クリーム買うの忘れて、深夜相方に買いに走ってもらった。
そのかいあってなかなかいい出来。
taluto.jpg

会社で分けやすいように小さいカップにしたのでサクサクいけてしまう。やばい!!
ていうか、苺がいっぱいあるからってこんなに作るのはどうよ。
taluto2.jpg

…アホ?

| | Comments (3)

2004.03.27

お花見!?

今日は会社の同僚たち(&犬)とお花見。
ここしばらく寒かったし週末の天気も悪かったので心配していたが、お天気はまずまず。
今回のお花見はお弁当持ち寄り。それぞれ作りたいものを作っていってみんなでつつきあおうというものだ。
どんなものがあったかというと…

lunch.jpg

おにぎり(スタンダード・しゃけ、梅、かつおじゃこ&のり)
おにぎり(おこわ・なんと具にカシューナッツが…!)
卵焼き&ウィンナー
ポテトサラダ
サンドイッチ(スタンダード&ベーグル)
唐揚げ

マフィン

メインからおかずからデザートまで!いろんな味が楽しめて大満足だった。
ちなみに私はサンドイッチを担当したのだが、1番好評だったのは切ったパン耳を素揚げした揚げパン耳だった…(複雑)

ワンコもいろいろとり揃っていて、


Mダックス×2(小春&弥七)
kokoharu.jpg
チワワ×2(ルビー&ふーちゃん)
rubypink.jpgfuta.jpg
ワイアーフォックステリア(アーティー)
hartea.jpg
黒ラブ(ラブ)
love.jpg

と、よりどりみどり(笑)もう大騒ぎだった。
なんか弥七がアーティーとじゃれててこんな変な写真も撮れた。
harteayashichi.jpg
ちょっと寒かったけど、楽しくおいしいひと時だった。
1番残念だったのは…桜が咲いてなかったことかな(涙)

| | Comments (2)

2004.03.26

私だってムカつく時はある

今の仕事を始めてもうすぐ6年になる。
派遣社員として仕事を始め、長くて1〜2年かな?と思いながら働いているうちにこんなに長くなってしまった。
前職(正社員)はストレスでやめてしまったので、その仕事に比べると気持ちに余裕を持って仕事ができること、人間関係のわずらわしさがない、相方と会社が近所…など、やめようと思うには居心地が良すぎたのだろうか。
うちの会社は派遣社員が多数いるが、部署によっては長く居る人ばかり、また別の部署はコロコロ入れ替わる…と、配属先にも大きく左右されるようである。ちなみに私のいる部署は3年以上の派遣が最近まで5人いた。
他より居心地のいい部署なのだろうか。

私の仕事上の相方Nちゃんは感情豊かで、嬉しい時や楽しい時には笑い、寂しい時には1番に涙し、怒った時は1番怖い。そんな存在である。そんなNちゃんと一緒に仕事をしているため、私はどっちかというと修め役?のような存在。そんな私だが、今日は久々に血管が切れそうになった。

仕事の話で申し訳ないが、私たちは商品の出荷登録の仕事をしている。商品の在庫は常に潤沢にあるわけではないので、たまに在庫切れになり、メーカーからの納品が遅れる時はしばらくバックオーダーとなる。つまり予約状態だ。今回在庫を切らした商品は入荷が大幅に遅れたため、結果2か月以上も予約のみを受け付ける状態が続いており、予約は400件以上たまっていた。そして昨日ようやく待望の商品が入荷したので、長い間予約待ちだった代理店に出荷をすることができるようになったのである。400個ちょっとのバックオーダーに450個の入荷。なんとか間に合いそうである。
その出荷登録をしていた最中のこと。支店の担当Wから1本の電話がかかってきた。

W「出荷担当の人いる?」

私「私ですけど…」

W「ああ、○○(商品名)だけど、入荷したんよね?」

私「あ、ハイ。昨日から出荷を始めたんで、お待ちの代理店さんには今日か明日には到着しますよ」

W「ああ、じゃあ今から10個発注流すけど大丈夫よね?」

私「あ、たぶん大丈夫ですよ」

W「たぶん?ダメかもしれんてこと?」

私「いや、足りると思うんですけど結構バックオーダーたまってたんで、ギリギリなんですよ(予約だけなら50個程余裕があるけど、常に依頼が来るため)」

W「足りんかったらさ、これ先に回してくれん?

私「はい?」




何ですと?




W「いや、ここの代理店さー、予約入れられるって知らんかったみたいなんよ、やけんお客さんは待っとーんよ」

私「いや、他の代理店もみんな待ってるんですよ。ちゃんと依頼書出して

W「でもここは急いでるみたいなんよ」

私「や、みんな急いでますよ。だから依頼書出してたんじゃないですか

W「いや、だからここは依頼書出して予約できること知らんかったとって」

私「…(もう絶句…知るかい!それは支店のフォロー不足だろうが!!!)いや、でもたぶん足りますから」

W「たぶんじゃなくてさー。ホントに足りるん?」

私「いや、それは登録しないとわからないですけど」

W「やけんじゃあこれを前に回してって」

私「前には回しませんけど、たぶん足りますから。足りなかったらまた連絡します」

ガチャン





…子供か





割り込みはいけないって教えられなかったんだろうか。
なんで、自分とこさえ良かったら他はどーでもいいんだ。結果的に在庫が足りたので問題なく出荷することができたが、足りなくなったら後に回ってしまうショップの担当者に自分で「割り込むけどごめーん」って言わせようかと思ったくらいだ。
私は声を荒げることがあまりないため、向かいに座っている同僚に「なんか、えらいしつこかったみたいやね」と笑われ、上司にも「誰今の?」と聞かれてしまった。
うっかりミスには寛大だが、こういう図々しいこと言われると熱くなってしまう私だった…
しかも、「予約入れられると知らんかった」らしい代理店、ちゃんと予約何件か入れてたし。どこの代理店か先に聞けば良かったよ。ちっ。
なんか、朝からこの出来事があったので、しばらく気分が悪い1日だった。

何がムカつくって、なんかこの担当Wが終始
「いいから言うこと聞いとけよ派遣が」みたいな言い方だったことだ。
こんな社員の下で働いてたらソッコーやめてたんだろうなあ…派遣にとって上司にめぐまれることは最重要である。

| | Comments (0)

2004.03.25

ヤキトリルースターズ

ずっと気になっていたお店にやっと行くことができた。

roosters.jpg

「ヤキトリルースターズ」

名前を聞いただけで気になる。加えて看板。アジサカコウジさんのイカスイラストつき。
実は、ここは1年前まで住んでいた所の超近所である。
でも、私たちが西の彼方へ引っ越したあとにできたお店なので行きそびれていた。

ルースターズってやっぱあのルースターズだよね?
焼鳥とルースターズ…中はどんなんだろ?むう、気になるぅぅ。

そしてやっと今日実現。
中は結構狭いけど、落ち着く空間。
気になる味は…オイシイ!
オリジナルメニューも多く、自然卵など素材にも気をつかってる感じ。

roosters2.jpg

やっぱりBGMはルースターズが流れていた。
帰り際に大江慎也のサインを発見して、ご主人に
「大江さんが来られたんですね」と言うと、
「はい、固まりました…」と笑っていた。

お店の名前にしてしまうくらいコアなファンのところに本人ご降臨とは天にものぼる気持ちというか、この名前にしたかいがあった!ってな感じだろう。
いつか私も開店しよっかな。

「カフェ・ブースカ」


…やめときます。

| | Comments (1)

2004.03.24

ウサギチョコの全貌

先日、バレンタインのお返しでもらったいかすアメリカンセンスのウサギチョコ
同じものをもらった職場のいのちゃんが、
「開けてみたら更にコワかった…」
というので、開けた所も激写!

さて、どうでしょう。

usagichoco2.jpg


…コワい、コワすぎるよ。

なんか白目むいてるし、より凶悪な感じ。
さすがEちゃん、面白すぎ。

関係ないけど、新しいデジカメで面白い写真が撮れてたのでアップ。


same.jpg


どうなってるかわかる?
一応2匹なんだけどね。なんか妙な構図で、サメかと思ったよ。
どっちも熟睡でございます。

デジカメと言えば、今日相方が犬写真とか撮ってて、途中カメラを私の方に向けたから

私「いいよ〜、私は撮らんで」と言ったら


相方「大丈夫、すぐ消すから」


どうよ、それ…

| | Comments (2)

2004.03.23

マカロニの青春

昨日からBSマンガ夜話がセレクションとして再放送されている。
いつも知らない間にあってて見逃すことが多いのだが、今日は「マカロニほうれん荘」だったので昨日からバッチリチェック済みだ。
「マカロニほうれん荘」をご存じだろうか。77年〜79年に少年チャンピオンで連載されていたギャグマンガ。
主人公沖田そうじ・膝方歳三(トシちゃん)・金藤日陽(きんどーちゃん)の3人をはじめとする個性豊かなキャラが大暴れするのだ。
私がこのマンガを知ったのは小学5年くらいの時。幼なじみで未だに仲のいい友人Sが「このマンガおもしろい!」と、私に持ってきてくれたのが始まりだった。思えば「刑事ヨロシク」もこの友人のススメだった。面白いものを見つけ出すのが得意だったんだろうなあ。
今までにないシュールなギャグとかわいい絵柄、わけわからんキャラにすぐ夢中になり、親から「くだらんマンガ読むな!」と言われつつもバイブルのようにいつも手に取っては笑っていた。
当時の私が読んでいたのは「なかよし」や「りぼん」で、少年マンガといえば「ブラックジャック」とか「がきデカ」とかのイメージだったが、ギャグマンガは下ネタが下品なものが多かったので、小学生の私はあまり好きではなかった。
が、「マカロニ…」のギャグは違った。なんていうか、まったく意味のない方向へと突っ走るのである。
異次元というと大げさだが、今までの流れはいったい?という感じであらぬ方向へ話は流れていくのだ。
そして、絵が細かくネタが満載なところも楽しかった。子供の私にはまだ知らないことが多かったので、逆に「マカロニ…」で知ったキャラや歌なども多かったような気がする。
友人Sと、何故か役を決めてマンガを音読し、カセットに吹き込んだりして遊んだりもした。
Sはそうじのファンだったので必ずそうじ役は取られ、私はきんどーちゃん役が多かった。というか、きんどーちゃんが好きだった。
「マカロニ…」は、全9巻で完結したが、初めと終わりは絵がまったく違うし、キャラも別のものに変わっていた。
そして今日のマンガ夜話でも言っていたが、何より作者のテンションが違う。
1巻では手探り状態。そしてどんどん面白くなっていき、シュールなギャグもどんどんエスカレートし、4、5巻あたりが一番面白い。そしてだんだんテンションが下がっていき、9巻になると絵がサインペンで描いたようなものになり、バックもいい加減。マンガ夜話レギュラーのいしかわじゅん氏は、「ギャグ漫画家は面白いものを描き続けていくうちに頭がおかしくなっていき、しまいには描けなくなってしまう」と言っていた。
「マカロニ…」の作者、鴨川つばめ氏は、70年代の終わりを凄いスピードで駆け抜けて去っていったような気がする。なのに未だに指示され続けているのはスゴイことだと思う。夢中だったもんなあ。

しかし、落第10回の「トシちゃん25歳」はおじちゃんだと思っていた私だったが、いつのまにか「きんどーちゃん40歳」に近くなってきている…そんなバカな…

| | Comments (2)

2004.03.22

maybe…

キムタクと竹内結子ちゃんの「プライド」。
久々の野島伸司だし、竹内結子ちゃん好きだし見てみよっかな〜と思って初めは見ていた。…が、あまりのクサさに見ていて恥ずかしくなり、たまたま見れなかった週もあってか3〜4回で見なくなってしまっていた。キムタクの演技が何をやってもキムタクにしか見えない、とかはもうわかってることだから却って気にはならないんだけど、あの台詞まわしや伏線の引き方とかがどうもダメで。

先々週、たまたまつけたらやっていたのでゴハン食べながら流していた。序盤を見ていたので途中抜けていてもなんとなくストーリーはわかる。あー、結子ちゃんの彼氏帰って来たんだ…てか、谷原章介くんだったのね。坂口くんはなんで怪我してるんだろ?
最後から3回目だし、そろそろクライマックスといった感じで結構先が気になる終わり方をし、そのまま今日の最終回まで結局見てしまった。

…うーん。

やっぱ恥ずかしい…

だいたいスポ根ものっていうのは基本的にクサいものなのかもしれないけど、そーいうのとは違う恥ずかしさがこのドラマにはあった。
キムタクの台詞がいちいち恥ずかしいし、お約束通りのこと言ってくれるし…たまには裏切ってくれよ(笑)
最後の遊園地のシーンなんか、直視できないくらい恥ずかしかった。あたしたちだけか?

野島伸司って、こんなんだっけ?
101回目のプロポーズとかも確かにクサかったのかもしれないけど、時代的に許せるものがあった気がする。あれはどっちかっていうと江口洋介と田中律っちゃんカップルの方を楽しみに見てたような気もするけど…
私はどっちかっていうととことん重い「未成年」とか「リップスティック」みたいなドラマの方が好きだなぁ。今回は久しぶりの野島ドラマでちょっと期待しただけに肩すかしをくらった感じだ。
まあ、違った意味で笑わせてもらったけどね(笑)

| | Comments (4)

2004.03.21

小春、家族になって1周年

koharu0.jpg
初めての出会い

昨年の3月21日、小春はうちにやってきた。(詳しくは本館history参照)
当初の予定より早く出会ってしまったが、運命と思い家族に迎え入れたのは1年前。
和風に感じた顔つき、春分の日でぽかぽかしたお天気。「小春」と名付けるのにぴったりの日だった。

1年間、いろんなことがあった。
私は犬を飼うのは初めて、相方も室内犬は初めてだったため2人してわからないことばかり。
トイレのしつけ、噛み癖のしつけ…何度も壁にぶちあたって人に相談したりwebで調べたりの日々だった。
6月の結婚式にも一緒に参列。パーティーではみんなの人気者だったね。それを思うと、早く飼い始めてよかったなって思う。一生残るウェディングアルバムに小春も一緒に入れたから。
5泊7日の新婚旅行の間は初めての長期のお留守番。よく我慢したね。私たちのこと忘れるんじゃないかとハラハラしたよ。もっとハワイに居たい気持ちと早く帰りたい気持ちがせめぎあった7日間だったっけ。

夏は、海でちょっと怖い目にあって少し臆病になってしまったけど、それまで向かう所敵ナシだったからちょうどよくなったかもね(笑)
初めてのヒートは予想より早く、手術をしようとしていた矢先だった。でも、みんなが言うほどぐったりせず元気だった小春(笑)パンツ姉ちゃんになったよね。

そして、12月に弥七が来てからはちょっと複雑そうだった小春。お留守番は寂しくなくなったけど、甘え上手の弥七にちょっとヤキモチ?でも、いつまでもいつまでも2匹で遊んでるから、相性は良かったんだね。とにかく弥七は小春姉ちゃんが大好きだからね、一生ついていきます!って感じだよ。

避妊手術はよくがんばったね。しばらくは傷が痛々しかったけど、もうすっかり元通り。おなかもキレイになったし、これで病気の可能性が減ったかと思うと手術して良かったと思うよ。

1周年を前にして何故かハゲになってしまった小春。うーんまったくネタには事欠かないなあ。そんな体を張ってネタ作らんでも…
でも、元気なまま1年を迎えられたのが何よりだ。まだまだ小春の人生はこれからだよ!

1周年を記念して写真館を作ったのでお時間のある方は見て下さいねー。本館の写真コーナにはない写真を集めてみました。my photoは便利だなー。写真がいっぱいあるので、ボチボチどうぞ。

| | Comments (2)

雨の日曜

昨日夜更かししてしまったので、今日もお寝坊。
最近、小春が朝ベッドに潜り込んで来て私の肩の上で寝直すようになった。弥七と違って小春はちょっと甘え下手で、弥七がチャッカリ私たちの間で寝ているのに対し小春はいつも床の座布団やソファで寝ていたので、なんだかちょっと嬉しい。

私の腕で寝ている小春。かわいい奴め…

sleepkoharu.jpg
知らない間に相方に撮られていた。起きてるなら起こせよ…

今日は午後から雨の予報だったので、起きた時点で既に重たい空模様だった。
昨日お留守番させたから今日は公園に行きたかったのにねえ。仕方ないか。

朝ご飯は昨日買ったパンと、夜焼いたマフィン。100円ショップで型を買ったので早速焼きたくなってしまったのだ。
でもいきなりで材料がなくて、本当はバナナとかブルーベリーとか入れたかったけどレーズンとくるみになってしまった。いつものパンと同じ具やん(笑)

maffin.jpg

久々に焼いたわりにはまあまあかな?今度はちゃんと材料揃えて焼こうっと。
チャイとヨーグルトで即席朝ご飯!てか、昼ご飯?

あとは掃除して、マターリ。たまったマンガを読んだり相方はギターを弾いたり。
こんな休日もいいか♪
来週はお花見(^^)晴れたらいいなあ。

| | Comments (2)

2004.03.20

ハゲ小春

お昼に中華食べちゃったし、昼間2匹留守番させちゃったし、夜は久々走りに行くか!と2人+2匹で出発。
今週は仕事が忙しくて早く帰れなかったり、飲み会だったり、雨だったりで全然走れてなかったのだ。このままではダイエットが〜。

ジョギングコースはだいたい3km。走りっぱなしはキツいので、途中歩きながら1時間くらいかけて走る。
犬たちは1人1匹。2匹一緒だとリードがぐるぐるに絡まってしまうのである。だいたい、小春は好き勝手に走りたいし、弥七はひたすら小春姉ちゃんについて行きたいし…といった感じで、思ったように走ってくれないのだ。
基本的に相方が小春を担当し、私が弥七を担当する。これはやっぱり相方の方が走るのが速いので、相方の後ろを私がついて行くというパターンになるからだ。逆に担当すると、弥七は後ろから来る姉ちゃんが気になってなかなか前を向いて走らないし、小春は「アタシの前を行くなんて10年早いよ!」とばかりに追い抜こうと引っ張る。

さて、今日もそれぞれ1匹ずつ担当。そして、前半の中盤にさしかかったところで事件は起きた。
一瞬何が起きたかわからなかったが、相方の「うわっ!」という声。に続いて小春の「キャイン!」という鳴き声。
小春は大げさな弥七と違って、滅多に痛みで声をあげることがないので私も慌てた。相方はショックで一瞬離してしまったリードを必死に掴んだ。そう、小春は相方に踏まれたのである。
一瞬、今小春すごい声あげたよね?ひょっとして骨折?!と、あらぬ考えが頭をよぎりすぐに抱きかかえてみると、幸い骨に異常はないようだった。が、よく見ると…


額の一部がハゲていた。


正しく言うと、額がこすれて血が少し滲んでいた。おそらく相方に踏まれて逃げた瞬間、地面に額をこすりつけてしまったのだろう。
でも、いつかはこうなると思っていたのだ。前述したように、小春はあっち行きこっち行き好き勝手走るので、相方はよく踏まないなあ、と感心していた。私は弥七担当で良かったーと思っていたくらいである。
まあ、これでフラフラしていたら痛い目に遭うということを覚えてくれたらいいのだが…

奇しくも小春は明日でうちに来て1年。新しいデジカメも購入して、1年めのお祝いをしよう!と思っていた矢先に


ハゲをこさえた小春。


きっと、小春のこれからの未来は輝かしいんだよ…と、キレイにまとめておこう…

ハゲ小春

hage.jpg

| | Comments (2)

飲茶〜

今日は、先週行こうとしたがグズグズしている間にランチタイムが終わってしまっていた西新のおいしいイタリアンのお店「イタレリ屋ツクセリ屋」にランチに行こうと昨日からはりきっていたのに…

寝坊した…

起きたら既に12:30。どんな朝寝坊や。てか昼やし。
とりあえずダッシュでシャワーを浴び、着替えて向かってはみたが、お店の前を窺うとどうも終わって掃除をしている様子。今日もダメだったか…

気をとりなおして天神へ。奴らを家に置いて出て来たので、どうせなら普段ペット連れでは入れないお店に行ってみよう。グランドオープンした岩田屋の上のレストランに行ってみたが、話題の「桜の雫」は45分待ち。なめとんのか!
他のお店も軒並み並んでいてげんなりしたので、外へ。
西通りを歩いていくと、前に友人サバイバーHが「よかった」と言っていた中華のお店を思い出し、まだランチタイムだったので行ってみた。
中に入ると中華のお店とは思えないスタイリッシュな雰囲気。ピアノまであるし、なんだか中2階とかもあってステキな感じ。ランチは何種類かあったが、飲茶に惹かれてやって来たので飲茶セットを注文。

ここは独自のサービスがあって、お茶は烏龍茶・ライチ紅茶・プーアール茶・ジャスミン茶の中から好きなお茶を選べるのだ。私たちはプーアール茶を注文。(もちろん無料)その場で庵れてくれる。
アフターコーヒーも200円で付けられるし、スタイリッシュだけどリーズナブルでいいい感じ。

まず運ばれて来たのは薬味類。小皿に分けられててなんだかかわいい。

sauce.jpg

そして点心。
大根餅・餃子2種・焼売・小龍包・肉まん。

yamucha.jpg

プリプリで美味しかったー。なんか久々にカロリー気にせず食べてしまった(笑)
このあと、スープかけ炒飯とマンゴープリンまで。コーヒーつけて1人1400円ナリ。お安いよね。
今度は夜、ちょっと贅沢できる時に行ってみたいな。

この後は、カメラ屋さん(相方が狙ってた一眼デジカメを購入!)、デパ地下など見て帰宅。
新天町の出口に大きな100円ショップができていて驚いた。あそこ昔ピラミッドゾーンだったのになあ…雑貨とかよく買いに行ってたのに、今は100円ショップかい。なんだかさびちい。でも買い物はちゃっかりしたけど(笑)

| | Comments (2)

2004.03.19

姉のこと

今日は姉の誕生日だ。家族の誕生日というのは1番初めに覚えるので、条件反射で必ず思い出してしまう。
何歳を迎えたかは、姉の名誉のために伏せておこう…

姉は、私より4歳(学年は5年)上で、私の人生においてかなりの影響を与えている。
子供の頃は姉とその友人たちに遊んでもらうのが1番楽しくて、姉が学校から帰ってくるのを毎日楽しみに待っていた。姉の机にシールをベタベタと(親切で)貼ってあげながら。帰って来た姉には

「ただいまー。あーっっ!」

と、当然だが相当の怒りを買い、ボコボコにされていた…かもしれない。
そして遊びに行くのについていき、当然1人チビが紛れ込んでいるのだから邪魔者で、かなり邪険にされていたような気がする。

私が7歳の時に新築した家は事務所を兼ねていたため、決して6人家族には広い家ではなかった。
そのため私たち3人姉妹は1つの部屋をアコーディオンカーテンで仕切り、半分を更に下の二人で半分こして使っていた。ので、年はかなり離れているが、(私たち3人は4つずつ離れている)ほとんどの時間を一緒に過ごしていた。
姉にとって4つ下、8つ下の妹二人はかなりウザい存在だっただろうが、私たちはいつも姉にまとわりついていた。

姉は百恵ちゃんの大ファンだった。
私も百恵ちゃんのファンだと学校で威張っていた。

姉はサザンの「勝手にシンドバッド」を買ってきて「カッコイイ!」と言っていた。
私も一緒にサザンを聴き、学校で「カッコイイんだ!」と威張っていた。

つまり、私の主張はすべて姉の受け売りだった。

マンガの影響もほとんど姉から。

姉は「りぼん」「別マ」派で、陸奥A子・田渕由美子・くらもちふさこ等の独特な空気を持つ漫画家が好きだった。
私も時代の流れから好きな漫画家の微妙なズレはあるものの、そのまま「りぼん」→「別マ」の流れを受け継いだ。
(今は相方とマンガの趣味が合うらしく、「○○さん(相方の本名)が女だったらあたしたち親友だったかも!」とか言われていた)

私が中2になる春に姉は東京の音大へ。
それまで姉と交代で分担していた「お風呂掃除」と「仏さんのごはん」は、この春から妹と分担するようになった。
人生のお手本で憧れだった姉が近くにいなくなったのは、かなり寂しかった。
しかし、うちは休みはきっちり実家に帰って来させる家だったので、(しかも姉は4年間寮だった)夏休み・冬休み・春休みは必ず帰ってきてくれた。田舎の私たちにはめちゃめちゃ魅力的なおみやげを持って。
「文化屋雑貨店」も「大中」も「ヒステリックグラマー」も、姉が教えてくれた。私は中・高と、「オシャレな物をいち早く持っている」とうらやましがられた。全部姉のおかげだった。

今は今度高校に入る甥と中学に入る姪の母親であり、不景気な中実家がやっている新聞社を手伝う戦力であり、長年やっていたピアノ教師も片手間にやるスーパーお母さんである。
長女ということもあって実家へ戻り、好きなことをやりながらも我慢することはしてきた姉。
私みたいに好き勝手に生きられたらいいなあ、とよく言われたが、今年からやりたいことは我慢せず、悔いのない人生を過ごすと言っていた。(いや、過ごしてたように見えたんだけどね、姉的にはかなりいろいろ我慢していたらしい)

私たちはみんな大人になってもう母も含めて友達のようになったが、やっぱり何かあったら姉に電話してしまうし、納得のいく助言をもらえる。数年前私がひと騒動起こした時も、姉たちは気持ちをわかってくれてずっと私のそばにいてくれた。あの時は本当に心の支えだったよ。

なんか、書き始めたときはこんな真面目な文章になる予定じゃなかったんだけど…気が付けば照れくさいこといっぱい書いてるな。とにかく、私の人生において姉の影響力はかなり大きかったってことだ。
今後、お互いにまだまだいろんなことがあっていろんな壁にぶち当たるんだと思う。そんな時、お互い相談し合って頼りあえるそんな関係でいたい。

いーちゃん!今年こそスピッツのライブ一緒に行こうねー。カフェめぐりもしよう!
いーちゃんの○才がキラキラしたものであるよう、願ってます。

| | Comments (2)

2004.03.18

バカ親だから犬自慢もしたいし…

お気に入りのサイト、CROSSBREEDさんちで「自サイトが知り合いにバレるということ」という記事を読んだ。
これは、確かにサイトを作るたびに悩む。今masami*cafeというサイトをopenしているが、これ以前にも2回ほどサイトをopenしたことがある。その結果…


やっぱバレまくってます


てか、書き込んでるの知り合いばっかだし

最初はやっぱり恥ずかしいし、どーしよーかなーとか悩むんだけど、アクセス数伸びないと寂しいし、感想とか聞きたいし…そんなこんなで一人に教えたら二人…また一人と存在を明かしてしまい、仲のいい人への年賀状にはもうアドレスとか入れちゃったし。
でも、誰が見てるとか気にしながらだと何も書けなくなっちゃうからあんまり考えないようにはしてるかも。
結構まわりの人ネタにしまくってるけどね(笑)イニシャルトークで。だっておいしいネタの人ばっかなんだもん…

うちの親とか家族もいっぱいネタあるんだけど、実はアドレス知ってるはずなんだよねー。でも、たぶんあの人たちは見てないはず!ブラウザ立ち上げても山崎まさよし(姉)とか冬のソナタ(母)のサイトしか見てないはずだ!
ククク…そのうちネタにしてやる…
相方の実家にだけは知られたくないなー(汗)たぶん私はこんなキャラじゃないはず。

| | Comments (0)

2004.03.17

シナモンロール

今日は早めに仕事が終わったので一足先に帰ったけど、雨で散歩はできず。今週まったく達成できてないなあ。イカンイカン。明日の夜は降らなきゃいいなー。こいつらもストレスたまってるし…

よし!明日の朝ご飯も兼ねてパンを作ろう。
今日はシナモンロールとアーモンドスライスを散らしたケーキ風の大きいパンに挑戦。
生地作りはホームベーカリーくんがやってくれるから楽チン。
なんで2種類かというと、相方が実はシナモン苦手。結構いるみたいだね、シナモンは。好き!っていう人とダメ!っていう人に分かれるみたい。私は前者なんだけどね。ミスドのシナモンロールも店に並び始めてしばらくはしょっちゅう買ってたし、ハワイに行ったら即シナボンのお店へ。相方はどうしてもダメってわけじゃないけど、好んでは食べないようだ。シナボンではちっちゃいのを食べてた。
そのシナモンロール、作ってみたら意外とカンタン。シナモン好きの人にはゼヒオススメしたい。すぐできるし、結構お店の味に近いのができる。

sinabon.jpg

5個の分量でちっちゃいのを8個作ってみた。
シナモンバターがあまったから今度シナモントーストつくろーっと(^^)

それにしても今日はスゴイ雨だった。相方を迎えに行く時久々にワイパーがせっかちモードになったほどだ。
まとまった雨は久しぶりだね。一雨ごとに春が近くなるのかな。来週末はお花見だ〜!

| | Comments (2)

2004.03.16

やっと

来月の旅行の詳細が決定し、代金振り込みも完了。
紆余曲折あったが、なんとか希望通りに近いプランをプランニングツアーさんに組んでもらうことができた。
なんか初めは好き勝手言っていたが、スペインは移動が結構難しいため、ツアーに近い日程のフリーツアーとなった。

マドリード(2泊)→グラナダ→マルベーリャ(コスタ・デル・ソル)→セビーリャ→バルセロナ(2泊)という日程になり、当初の予定より1泊多い7泊9日となった。
ツアーではなく、フリーを選んだ大きな理由は、食事や買い物を自由にできるところ、ホテルを自由にアレンジできるところだ。今回はグラナダのホテルをスペインの国営ホテルパラドールにしてもらった。この日だけちょこっと★が多いのである。アルハンブラ宮殿の敷地内にあり、元は修道院だったらしい。本来の目的はガウディの建築物やアンダルシアの青い空だが、1日だけでもいいホテルで過ごせるのも楽しみの1つだ。あとはほとんど3つ星だけどね(笑)

この旅の注目すべきところは、まずマドリード→グラナダは自分たちの力で電車に乗って移動。しかも朝9:00前の出発である。プランニングツアーのK野さんには

「朝の移動ですけど、2人で寝ないで下さいね!」

と念押しされた。

続いてセビーリャ→バルセロナは自分達の力で空港まで行って飛行機で移動だ!セビーリャの空港ってど、どこ?

いろいろ不安はあるが、とりあえず先週の頭には日程が決定し、出発日まで1か月を切った。
…ところで起きた。


列車同時多発テロが


ア、アトーチャ駅ってあたし達が泊まるホテルから徒歩5分の??
突然で、当初より規模が大きくなったスペインでのテロ。どうもスペイン史上最悪のテロだったそうだ。よりによって、なんでまた私たちが行く1か月前なのだろう…
まあ、物は考えようで今回のテロが1か月後でなかったことをラッキーと思おう。
1度テロがあったらまたすぐにということはめったにないし、スペインはしばらく厳戒態勢が敷かれて逆に安全かもしれない。そうだそうだ。いい方に考えるんだ!

それにしても、今回はまだ親が電話をして来ないのが不思議な感じだ。
以前バリ島でテロがあった時にはすぐさま携帯に電話をしてきたというのに…第1声は

父「おまえ今どこにおると?バリ島じゃない?」

別にバリ島に行く予定などまったくなく、その1年前の夏に行っただけである。それも1回こっきり。
それ以前に電話通じないし…
そんな親。今回は静かである。もう見放されてる?

| | Comments (2)

2004.03.15

ヘンなもの好き

東京へ長期出張している上司Eちゃん(あえてちゃん付け)が久しぶりに帰ってきて、バレンタインのお返しをくれた。
これである。

usagichoco.jpg

……

さすが普段からナイスなセンスのEちゃん!
かわいいような悪趣味なようなアメリカンセンス!食べるのがもったいないやん…

このEちゃん、普段のセンスがどんなかというと、

こんなんとか

juice.jpg
(今日飲んでた)

こんなんとかである

img1009194827.jpeg
(いつだかに買って来てくれたお土産。おいしかったけどね)

たまに洒落たお土産を買って来ようもんなら、「何?Eちゃん!何が起こったと?こんな普通のお菓子!」と、もらったにも関わらず失礼なことを言う女子社員(しかも派遣・私含む)がやかましい。
これからもナイスなお土産、よろしくね!Eちゃん

| | Comments (0)

これなーんだ?

toothbox.jpg

同僚のいのちゃんのおススメ雑貨サイトで見つけてあまりのかわいさに衝動買い!
なんと、ドイツ製の乳歯入れなのだ。
うちにはお子さまはいないので、小春のかつて抜けてとってある乳歯でも入れようかな?
指輪とか、アクセサリーを入れるのも良さそう。いくつになってもかわいいものはかわいいよね。
昔は雑貨屋さんになるのが夢だったなあ。。夢で終わったけど。
短大の時雑貨屋さんのバイトの面接で「土日はダメです」って言ったらソッコー落とされた(笑)当たり前やろう。

| | Comments (1)

2004.03.14

バカ親炸裂

bakaoya2.jpg

今日はマリノアでランチ。ランチついでにブラブラとウィンドウショッピング。
はっ!この間来た時にかわいい!と思ったレース編のカットソーがまだある!(犬の)
しばらく悩んだけど、試着させてもらったら意外と似合ったので今日は買ってやるか!(2000円だし…)
うちの犬たちは服をほとんど買ってもらってないため、寒い季節の公園でもみんなコートとかセーターとかかわいいのを着せてもらってるのに裸(いや、本来の姿なんだけども)だったり冬なのにキャミだったり(笑)
それもこれも「作ってあげる!」とミシンを購入したわりにはTシャツ2着くらい作って満足してしまった母のせいね…

今日買ったレース編みのカットソーは帽子(というかヘアバンドというか)もついていて、被せると超プリティー★(バカ親)でも、降ろすとブルブルして外れたり弥七にひっぱられたりしてダメみたいだ。抱っこ限定かい。

ま、かわいいからいっか。エヘ☆

| | Comments (6)

ホワイトデー

whiteday.jpg

今日はホワイトデー。
金曜日、会社に行ったら椅子の上に紙袋が。アレ?誰かにあげたっけ?
あ、女子社員一同から男性社員みんなにやったから(つっても、お金だけ出して人まかせだった)アレか。
と思ったら、置かれていない人もいる。???
あ、そういえばいつも飲みに連れてってくれる上司(や、元上司/皆既婚)にみんなであげたんだっけ。
しかし、私たちがあげたものは、1000円以内のチョコを5人で。なのに、こんなに立派なお返しが全員に来てしまった。いつも飲み代とか出してもらってるお礼のチョコだったからお返しなんて良かったのになあ。

ホワイトデーって、大変なんですね…

| | Comments (2)

2004.03.13

Zzz…

2hiki.jpg

公園で散歩したあと、天神へ。
歩いたり抱っこされたりで寝る時間がなかったため、帰りの車では私の膝で即熟睡。
朝も早くから暴れてたもんねぇ。オヤスミー。

| | Comments (2)

2004.03.12

新メニューに挑戦

lecreuset.jpg

数日前にこの本を買った。
「ル・クルーゼ」とはフランス製のホーローのお鍋である。
フランス生まれと言われてうなずけるセンスの良いデザイン、カラフルなカラー。ずっと憧れのお鍋だった。
いかんせん、重さがかなりあるのと価格が少し考える価格なので、ずっと購入は見合わせていた。
しかし、外見だけでなく機能的で煮込み料理は腕が上がったかと自分で自画自賛しそうになるほどおいしくできる…と、実用の面でも評判だったので、昨年の秋ダイエー優勝セールで安くなっていた時に思いきって購入した。
以来、確かにおでんもカレーも豆シチューもなんか、上手にできたような気がする。
短時間で煮込めるのと、保温性があるので火を止めてからも温かさがかなり持続するのも魅力だった。

会社の同僚、いのちゃんにこの本をススメられて購入。
開くと、魅惑のお料理がいっぱい!
「新じゃがとにんにくの揚げ蒸し焼き」「鶏ときのこの味噌クリームシチュー」「バナナのキャラメル煮」などなど。
今日は「ロールじゃないキャベツ」に挑戦。

大きめに切ったキャベツとひき肉をトマトソースで煮込む。
キャベツが柔らかくて甘くておいしかった〜。

cabbage.jpg

キャベツといえば、うちは犬たちが野菜大好きで特にキャベツ・レタス・白菜・水菜の姿が見えるとピーピー騒ぎ出す。小春が元々好きだったので、弥七もつられて食べているうちに好きになったらしい。
とは言っても犬にとって野菜は毒にも薬にもならないらしいけど。栄養のあるもの食べようや、ベジタリアン犬。

| | Comments (3)

2004.03.11

原爆オナニーズ

いつも一緒にアンジーのライブに行く友人Tちゃんが、北九州でライブを企画したらしい。
85年にインディーズデビューした名古屋のバンドその名も「原爆オナニーズ」。
高校の頃にパンク好きの友人がムリヤリレコードを貸してくれた記憶がある。
Tちゃんは見かけは小さくて服装もかわいいときはむちゃむちゃ清楚な感じなのだが、


骨の髄までパンク好きなのである。


以前、Tちゃんと会社の同僚と3人でパティ・スミスのライブに行った時もTちゃんは原爆やらギターウルフの話をしまくって、私の同僚に
「見かけによらず、激しいのが好きなんですね」
と言われていた。

原爆は九州に久しく来ていないらしく、Tちゃんは北九州のレコード屋さんと共同で
原爆オナニーズを九州に呼ぼう!」運動をしていたらしい。

私も昔はレコードを聴いたりしていたが、最近の活動はまったく知らない。
てか、まだ活動してたんだ!って感じだった。


私「原爆は何曜日にあるん?平日?」

Tちゃん「ううん、原爆のメンバーはサラリーマンやけ、土日になると思うよ〜」


サラリーマンしながら「原爆オナニーズ」なんだ。カッコイイなあ。
しかも、ボーカルのタイロウさんは会社役員らしい。意外と堅気な原爆オナニーズ。


私「原爆のヒト、もう結婚してるんかな?」

Tちゃん「うん、タイロウさんちの子はもうけっこう大きいと思うよ」


パパなんだ!でも「原爆オナニーズ」なんだ。ますますカッコイイ。

私も行きたいのはやまやまだが、北九州まで行くのが意外と遠いのである。
遠く福岡から成功を応援したい。

興味がある方は行ってあげて下さい!

genbaku.jpg

| | Comments (4)

2004.03.10

また走り始めた

この時宣言したように、先々週から走り始めた。犬たちの散歩を兼ねて、家の回りを3キロくらい。とは言っても家の回りが夜はめちゃめちゃ暗いので、相方と二人早く帰れた時限定なのだが…

先週は二人して寝込んでいたのでお休み。
今週に入って、なんか片方が忙しくタイミングが合わなかったため、今日からの再スタートとなった。
以前は夜ゴハンを食べて、21:00くらいから走り始めるようにしていたのだが、会社の上司であるSさんが同じチームの仲間が「最近走ってるんです〜」の一言にすぐさま反応し(Sさんは箱根駅伝の出場経験があるほどのランナーである)、何枚もダイエット向けジョギングの秘訣や効果的な走り方の書いてある切り抜きをコピーしてくれた。
それによると、最も脂肪が燃焼するのは空腹時らしい。ので、今日からまず走る!走る!走る!そして、終了してから、ゴハンを食べることにしてみた。…といっても今はダイエット用の補助食品なのだが…

(とりあえずの)目標体重まであと2キロ。リミットは4月の旅行。
さてどうなる?

| | Comments (0)

2004.03.09

星暮らし、歌暮らし

mito.jpg

先日のライブ時に購入した水戸さんのアルバム。
今回はなんと水戸さん自ら手売り。そしてサインを入れてくれ、握手もしてくれた。アンジーのファン歴16年だが、こんな日が来るとは想像もつかなかった。ツアーで博多に来ている時、または三井グリーンランドで遊んでる時、水戸さんにバッタリ会ったことはあったが、なんとなく恐れ多くて話しかけられないのだ。まさにカリスマだった。
そんなカリスマ自ら手売り。原点に返ったとのことだ。
私はといえば、緊張して「サイン変わったんですね」しか言えなかった。水戸さんは「うん、大人のサイン」と答えてくれた。

そして、アルバムも今回はいつもと違う。
通常盤3000円にプラス2000円でプレミアム・ボックスが発売されたのである。
事前情報を聞いてゼヒ欲しいと思っていた。話によると、東京のライブであっという間に完売したため、ツアー用に作り足してくれたらしい。
そのプレミアム・ボックスに何がはいっているかというと…

1.CD(通常盤「星暮らし、歌暮らし」)

2.CDと別バージョンが入っているCD-R

3.水戸さん手作り紙粘土人形

4.水戸さん直筆一人一首短歌ポストカード

5.缶バッジ2個

6.MITO ARMYハチマキ

全てが手作りでスゴイ!と思った。中でもハチマキは水戸さんのお母さん三戸久子さんにより縫われ、水戸さんがマジックでロゴを入れた「カリスマ親子合作」である。恐れ多い…

これ(ネタバレ注意)が現物の内容物である。手がかかっている。水戸さんスゴイなあ。

肝心のCDだが、かなり好みだった。今回のアルバムは福岡レコーディング。しかも糸島だ!
ブーちゃんが相方となり演奏もすべてブーちゃん。スゴイなあ…
そして、ブーちゃん作曲ももちろん。水戸さんがライブで演った曲は殆どブーちゃんの曲だった。
あと、恭一と上田現ちゃんが書いた曲もあった。
そして、水戸さん本人による作曲が今回はなんと3曲も。しかもカッコイイ。
水戸さんすっかり曲書くようになったな。中でも「火星のショッピング・モール」はアンジーの元ギタリスト、故ジョージさんを歌ったと思われる曲で、聴くたび涙が出そうになる。
しばらく愛聴盤になりそうだ。

| | Comments (1)

2004.03.08

マイ・バンドブーム

bandboom.jpg

宝島社から発売された別冊宝島音楽誌が書かないJポップ批評「バンドブームクロニクル」。
初めは土曜にライブにも行った水戸ちゃんのインタビューが載ってるっていうことで本屋をキョロキョロしてたら、見つけた。あれ?2冊ある。1985-87と1988-90。目当ての記事があるのは88-90の方だったが、あまり懐かしくてつい両方とも購入してしまった。

水戸さんはじめ、アンジーについてはここで熱く語っているので(語り過ぎです)、省略するとして、私が初めてバンドにハマったのは、いつだろう。中学の時人気が出たTHE MODSが最初かな。それまではマッチが大好きだった。それからも好きだったけど(笑)。MODSの「Fight or Flight」は今でも愛聴盤だ。でもCDを持っていないので、いつか欲しいなあ。(レコードかよ!)
あと、従兄の影響で聴き始めたSTALIN。田舎の中学生だった私はアンダーグラウンドな感じがすごくカッコよく思えて、夢中になって聴いた。ライブにいつか行くんだ、と思いながら…
高校に入ってラジオで聴いて「オモシロイ!」と思ったのが爆風スランプ。すぐにアルバムを購入した。あと、夢中だったのが戸川純ちゃん。レコードもドラマもかかさずチェックしてたなあ。ゲルニカとか、大好きだった。
なんか面白そうなものはチェックせずにいられなかった。もちろん愛読雑誌は宝島。Rockin' onは、本屋で立ち読み。ちょっとイロモノが好きだったので、ナゴム系が好きだった。(有頂天・筋少・ミン&クリナメン等)
短大に入ってからはライブ三昧。初めて行ったライブはプライベーツだった。しかも1人で(笑)
でもブルーハーツのライブに行きつつ、ユーミンやとんねるずも見に行く変な人たちだった。そのうちライブ歴はアップする予定です。どれだけワケわからないかが明らかになる!
「バンドブーム・クロニクル」は、STALINやラフィンなんかの「自主制作」が一般的になった頃から、イカ天のころまでが2冊に渡って細かく紹介されている。イカ天はもうあんまりわかんなくなって来た頃だったけど、楽しく懐かしく読んだ。宝島らしいバカらしい切り口が懐かしくていい感じだった。
この頃からずっとコンスタントな人気でがんばっているのは、バンドは微妙に変わったけどハイロウズと、ソロになった奥田民生だろう。みんなもう40くらいになるだろうに頑張ってるよね。
水戸さんみたいに、自分がずっと応援してる人は活動状況とかわかるんだけど、もう名前を聞かなくなって久しいバンドでも、実はまだ地道に活動続けたりしてるんだろうね。純ちゃんは最近どうしてるんだろうな。

| | Comments (0)

2004.03.07

怒濤の週末

金曜・土曜と友人が泊まりに来て、飲み会→ライブ→お買い物と、忙しい週末を送った。
楽しかったけどね。いろいろ書き記したいことはあるけど、たくさんあり過ぎるので追々日記を増やして行く予定っす。書き始めると長くなっちゃうからねえ。
今日は友人を送って行きがてら、天神へ。岩田屋がグランドオープンしてから行ってなかったので、冷やかしに行った。Z-SIDEもところどころ変わっていた。1階は化粧品だらけになってしまっていた。アクセサリーは新館だし。なんか、見やすくなったのか見づらくなったのか良くわからなかった。今までも岩田屋とZ-SIDEって客層違ってただろうし、近くにあった方がいいって思ったことはなかったんだけどね。母娘で買い物する時は便利かもしれない。オープン後の初週末だけあって人の出が多かった。お店の中は暑くて、外に出るとさむっ!っていう、風邪ひくぞ!状態だった。
今日は旅行用の靴を…と思って見ていたのだが、なんかかわいいニットのパーカーを見つけてしまって、衝動買いしてしまった。ていうか、買ってもらってしまった。ちょっと早いホワイトデーらしい。まだバレンタデーのプレゼントあげてないのに(笑)。でも、バレンタデーはデジカメを買うための費用の一部をゲンナマでくれと言われているので、結局自分で買ったようなもんか…(笑)

夜はBLOGの更新更新…と思っていたのに、何故かまた「ZOOO」にハマってしまい、(しかも携帯版)延々やってたらこの時間。なにやっとんすか。

| | Comments (0)

2004.03.04

憧れの病院

ここにあるように、見事に相方の風邪をうつされて寝込んでしまった私です。
看護ドッグたちの看護をまさか自分も受けようとは…

それはさておき、昨日は朝のうちは頭痛だけしか症状がなかったため、「頭痛薬を飲めば治るだろう」と高をくくって出社した。しかし、昼が近付くにつれイヤーな感じがしてきて、昼休みには1階の薬局で風邪薬を買っている自分が居た。同僚たちも心配してくれ、「無理せずに帰りなよ」との有り難いお言葉。
できるとこまでがんばったが、お言葉に甘えて15:00であがることに。

同僚「家に病院の薬とかあるん?」

私「いや、市販の薬買ったよ」

同僚「ちゃんと病院の薬もらった方がいいよ〜」

私「うーん…(ピーン)あ!あたし狙ってる病院があったんよ。そこ行こう!」

同僚「ね、狙ってる?」

狙ってる病院…
通勤途中にある内科の病院と薬局なのだが、実はここのロゴマークを友人サバイバーHが担当したのである。
毎日毎日車で通りかかるのだが、何せ病院と処方薬局なので病気にならないと寄ることができない。そう、今日はここに寄るうってつけのチャンス!

この病院は内科とあるが専門は糖尿病等の成人病のため、待ってる間待合室の大きなハイビジョンテレビで流れていたのは糖尿病患者が病気を乗り越えるドラマだった。
真面目に糖尿病と向き合って治療を受ける患者と、家族には治療に行くフリをして実はお姉ちゃんと会っている患者を交互に映し出す。ホントに交互なので、グループでカロリーについて真面目に話し合っているシーンのすぐ後にお姉ちゃんとの密会シーンがあったりする、なんか真面目なんだかよくわからないドラマであった。待合室には私と同じように風邪で熱のある患者や、成人病らしきおじいちゃん等大勢いたが、病院で呼ばれるのを待ってる間に濡れ場シーンが大画面で映し出されているのはなかなかのものである。
最後はちゃんと、治療と真面目に向き合いましょうという終わり方なんだけどね。

肝心の診察は、インフルエンザの検査もしてもらったが、陰性だった。ただの風邪らしい。良かった。
念願の診察券ももらい、あとは処方せんを持って薬屋へ。こっちが、サバイバーHに直接お願いをしてきたらしく、入ると彼女の絵やカレンダーがあちこちに飾られていた。
名前を呼ばれて、薬をもらう時に何気なく「友人が描いたんです」というと、薬局のお姉ちゃんが
「あー!」私も「あー!」
その子は、先日の新年会でサバイバーHが壊れた時に、カレンダーを20コも買うためにうちにわざわざ来てくれた女の子だった。
2人「あの時の!」

私「いやー、毎日通るもんで、いつか寄りたいと思ってたんですよー」

薬屋さん「偵察ですね!w」

そして、薬以外にも蛍光ペンとかマグネットとかいろいろオマケを付けてくれた。
そんなつもりじゃなかったのにねえ。ていうか病人なら病人らしくしとけー!

life.jpg

| | Comments (3)

2004.03.02

ナース&ナース男

bad_dog.jpg

2匹でマターリしていたところをショット!したら、こんなオソロシイ写真に…

昨日は2人して頭痛で帰宅後すぐダウン。私は朝には復活したが、相方はダウン続行中。
さっき熱計ったら38度。小春と弥七が息ができないくらいペロペロなめて甲斐甲斐しく看病してくれている。よかったね…
明日は休めないから行く!って言ってるけど無理だと思います。あたしは月初の忙しい時期だから休めないけど、ナース2匹が看病してくれるよ!ガンバレ!(何を?)

| | Comments (3)

« February 2004 | Main | April 2004 »