« バレンタインディナー | Main | 顔が寿司 »

2004.02.23

ペットとのお別れ

同僚Tさんの飼っていたウサギのメイちゃんが先週くらいから調子が悪いと聞いていたが、昨日残念なことに亡くなったそうだ。2年前、ウサギを飼うことになった時、みんなで名前を考え、5月生まれだからメイちゃんと名付けられた。
私はメイちゃんを飼い始めてからおうちに遊びに行ったことがなく、メイちゃんと遊ぶことはないままだったが、Tさんが「今日お葬式なんです…」と、つらそうだったので一緒に立ち会うことにした。
同じペットを飼う身として他人事と思えないのもあったが、私自身過去にハムスターを数回見送ったことがあり、小さな小さなハムスターでさえ亡くなったときは一人で見送るのがつらくて(相方が出張中に当たった時など)、友人につき合ってもらって一緒に見送ってもらったからだ。小さな動物とはいえ、数年にわたって一緒に過ごしたペットを一人で見送るのはつらすぎると思った。
仕事を終わらせ、Tさん宅にニンジンとお花を持ってお邪魔した。メイちゃんは丁寧にくるまれてもう既にキレイなお花や干し草で覆われていた。
子宮ガンの疑いがあって手術をしたが、結局ガンではなく子宮内膜増殖症という病気だったそうだ。ホルモンバランスが崩れる病気らしい。Tさんは「もっとゴハンとか気に遣ってあげていたら…」と自分を責めていたが、飼い主にはどうしてあげることもできなかったのではないだろうか。むしろTさんは10万円もかけてメイちゃんに手術をさせてあげたのだ。そして、最後はTさんに看取られて亡くなったメイちゃん。Tさんは最後を見るのがつらかっただろうが、メイちゃんは最後まで大好きなTさんに傍にいてもらえて幸せだっただろう。

ペット霊園には、初めて行った。私たちが行ったのは「さわらメモリアルパーク」というところで、三瀬の手前くらいにあった。霊園経営者さんのご自宅も兼ねた霊園で、そこで飼われているワンちゃん、猫ちゃんが迎えてくれた。
祭壇のメイちゃんに手を合わせ、火葬。最後のお見送りはかなりつらそうで、私ももらい泣きしそうだった。火葬が終わるまで二人で事務所で待っていたが、その間私とTさんの膝にそこで飼われている猫ちゃんが1匹ずつ乗って来て、手をなめたりした後すやすやと眠り始めた。まるで慰めてくれているようだった。
火葬が終わると骨壷に遺骨を移し、もう一度祭壇で手を合わせて連れて帰った。
合同納骨堂にはたくさんのペットたちの遺骨があった。

私もペットを飼っている以上、いつかはこういう現実に直面するのだろう。
小鳥やハムスター以上の大きな動物を飼うのは今回が初めてで、覚悟して飼い始めたつもりだったが今回目の当たりにして、改めて2匹が元気でいることへの感謝を感じた。
まだ2匹とも子供の年齢だが、今のところ幸いにも健康で特に心配なところはない。
しかし、今回のメイちゃんのようにいつ突然病気にならないとも言い切れないし、事故に遭うこともあり得るのだ。
私たちは私たちのできることをできるだけしてあげて、危険や不摂生をなるべく軽減してあげたいと思った。そして、私たちの人生の2割くらいの人生が幸せであるように、なるべく長い間一緒にいてあげたい。
まだまだ2匹とも人生始まったばかり。私たちもまだ飼い主1年生だが、お互いに出会って良かったと思えるように後悔のない生活をしていきたい。

|

« バレンタインディナー | Main | 顔が寿司 »

Comments

メイちゃん天国へ行っちゃったんだね・・・。
私もすっかりもらい泣きしてしまいました。

私も「いつかは・・・」とたまに考えたりもするけど、
考えるだけでつらいのに、Tさんはもっともっと辛かったよね。
Tさん、がんばって乗り越えられるといいね。
でも、ほんとメイちゃんは絶対幸せやったよ!!

Posted by: サッチー | 2004.02.24 at 01:50 AM

んー、辛い。でもこの話を読んだだけでもメイちゃんとTさんの愛情がすごく分かる。お互いがお互いを想いあえるのは人間同士だけでなくペットとも可能だし、そうゆう関係を作れたことは本当に幸せなことですよね。私もたくさんお別れを経験してしまったので色々思い出しちゃいました(泣)
早くTさんが元気になりますように。

Posted by: いの | 2004.02.24 at 11:40 AM

>サッチー
いきなりだったからビックリしたろ?
私たちも手術をしたって聞いてたけど、手術したならもう大丈夫だね!と、安心していた矢先の出来事だったからショックだったよ。
Tさんは「しばらくペットはいいです」って言ってた。無理もないよね。でも動物大好きのTさんだから、今回の悲しみを乗り越えてまたペットと暮らせる日が来たらいいなーと思います。

>いのちゃん
いのちゃんはたくさんお別れを経験したんだ〜。つらかったね。ペットを飼うと覚悟しなきゃいけないとわかっていても、いざその時が来たらどんな深い悲しみが襲って来るんだろうと思うと、今から不安でいっぱいだよ。
限られた時間を大切に過ごしたいよね。とりあえずあたしはいのちゃんを見習って毎日いっぱい散歩をさせてあげなきゃ!w

Posted by: masami | 2004.02.25 at 12:00 AM

masamiさんこんばんわ、俺ブンです。

ペットと別れる時というのはいつか来るのだと思います。
私も今、文鳥と別れることとなったら、、、。

一緒に過ごしている今を大事にしようと思いました。

Posted by: 俺ブン | 2004.02.25 at 01:24 AM

俺ブンさん、こんばんは。
俺ブンさんと文鳥のるーちゃんは、一心同体ともいえるので、別れはつらすぎて想像できないですね。
いっそもう1羽飼って増やすのはどうでしょう?
昔実家で飼っていた時は赤ちゃんが生まれましたよ。
小さなヒナにふやかした餌を注射器みたいなスポイトであげていたのを思い出します。オススメです。

Posted by: masami | 2004.02.25 at 02:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バレンタインディナー | Main | 顔が寿司 »